山田裕貴

山田裕貴の高校時代の画像や卒アル!野球を辞めて俳優になった決意!

俳優集団D2およびD-BOYSのメンバーとして、俳優活動を行っている山田裕貴さん。

2017年には大河ドラマ初出演を果たし、今を時めく俳優の1人ですね。

そんなイケメン俳優、山田裕貴さんの高校時代の卒アル画像を公開します!

学生時代は野球少年だった山田裕貴さんが、野球を辞め、俳優の道へ進んだ決意も併せて見ていきましょう。

山田裕貴の出身高校や偏差値は?

山田裕貴さんの出身高校は、愛知県にある東邦高等学校です。

東邦高校の偏差値は61~49と、普通レベルの私立高校です。

東邦高校は野球の名門校として有名ですよね。

平成最後の春の選抜高等学校野球大会では、見事優勝を果たしています。

実は、東邦高校は平成最初の春の選抜高等学校野球大会でも優勝しており、平成最初と平成最後で優勝するという歴史的快挙となりました。

平成最後の優勝を受けて、東邦高校の出身である山田裕貴さんは、

甲子園と言う舞台に特別な想いがあり、平成元年の優勝に始まり平成最後を締めくくる優勝、自分のことのように感動している

とコメントを残しています。

自分の出身校が活躍していることを喜んでいる様子が伝わってきます。

山田裕貴は高校時代はヤンキーの噂の真相は?

山田裕貴さんは映画やドラマにおいて、ヤンキーという役柄を演じることが多い俳優です。

山田裕貴さんが出演した「HiGH&LOW」では、素晴らしい演技力を見せていました。

ヤンキーとしての演技力が素晴らしい山田裕貴さんですが、高校時代に実際にヤンキーだったのではという噂がされていますね。

噂のきっかけとなったのは、山田裕貴さんが自身のInstagramに投稿した写真にあります。

こちらの写真での山田裕貴さんに眉毛がないことから、高校時代はヤンキーだったと噂されています

しかし、現実にはグループのムードメーカー的な存在であり、部活動にも励む生徒だったようです。

もともとの目つきがキリッとしていることと、眉なしの写真から噂されただけで、実際は明るく少しヤンチャな高校生らしい高校生ということですね。

山田裕貴の高校時代の画像や卒アル!

では、山田裕貴さんの気になる高校時代の写真を見ていきましょう。

こちらは、山田裕貴さんの高校卒業アルバムの写真ですが、現在とそんなに顔が変わっていないように感じます。

卒業アルバムでこれほどイケメンに写るということは、実際にはもっと格好良かったことでしょう。

女子生徒にもモテモテだったのではないかと思います。

次に、クラスでの集合写真もご紹介します。

いちばん前でピースサインをされていることから、明るい性格でムードメーカーな存在であったことが伝わってきます。

制服姿も似合っており、とても素敵な1枚ですね。

山田裕貴さんが所属していた部活動での集合写真も公開されています。

山田裕貴さんはバレーボール部に所属しており、10番の背番号を身に着けています。

制服姿も素敵でしたが、ユニフォーム姿も非常に似合っていますね。

バレーボールは番号でポジションが決まるわけではありませんので、山田裕貴さんが勤めていたポジションは今のところ不明です。

山田裕貴の父は元プロ野球選手!

山田裕貴さんの父親が、元プロ野球選手であることはご存知でしょうか。

山田裕貴さんの父親は、中日ドラゴンズや広島東洋カープで活躍されていた山田和利さんなのです。

広島東洋カープではファーストの定位置を獲得し、チーム2位躍進への貢献を果たされていましたが、故障により1996年に選手を引退しています。

そんな山田和利さんですが、現在はプロ野球のコーチを務めています。

広島東洋カープの二軍守備・走塁のコーチを務めており、今でもチームの活躍へ貢献しているのです。

山田和利さんの子どもに一男一女がおり、その長男が山田裕貴さんにあたります。

山田裕貴さんと山田和利さんは、目力の強さが似ているような気もしますね。

山田裕貴の小中学校時代は野球少年!

プロ野球選手であった父親の影響で、山田裕貴さん自身も小中学校では野球生活を送っておられます。

画像では、初々しいながらもフォームが出来上がっているように感じます。

学校の部活動ではなく、地域のシニアリーグで野球をしていた山田裕貴さん。

父親である山田和利さんの影響で野球を始めたものの、山田和利さんに野球を教えてもらったことはなかったそうです。

父親と長男であれば、キャッチボールくらいはしそうなのに意外ですよね。

父親を追いかけ、野球をしていた山田裕貴さんですが、野球の強豪校へ進学したのにも関わらず、中学時代で野球少年の生活には終止符を打っています

なぜ野球を辞めて、俳優の道へ進んだのでしょうか。

山田裕貴さんが俳優を志した理由と決意を見ていきましょう。

山田裕貴が野球を辞めた理由!俳優への決意とは?

父親がプロ野球選手であるのに、自分自身は野球で全く結果が出せなかったという山田裕貴さん。

周りから父親と比べられることも多かったそうです。

さらに、

自分のためでなく父に勝つためだけに野球をしているのではないかという思いが強くなってしまった

とインタビューで明かしており、その気持ちをきっかけに中学時代で野球を辞めてしまいます。

山田裕貴さんは野球を辞めてしまったものの、いずれ父親に勝ちたいという気持ちは変わりませんでした。

野球を辞めた頃に、テレビや映画に出ることは格好良いと感じていることに気付いた山田裕貴さんは、

俳優としてスクリーンに映ることなら、父親を超えられるかもしれない

と思ったそうです。

これが山田裕貴さんが俳優を目指した理由になっています。

また、野球を辞めた際に父親である山田和利さんから、

やると決めたことをなぜ最後までやらなかったのか

と言われたそうです。

この言葉を聞いた時に山田裕貴さんは、次に決めたことは必ずやり遂げようと心に決め、俳優の道を決意しました。

父親のを超えたいという思いと、父親からの言葉があったからこそ、下積み時代も腐ることなく励んでこられたのでしょう。

非常に家族愛を感じるエピソードになっています。

まとめ

山田裕貴さんの高校時代の画像や、俳優を目指した理由などを紹介してきました。

高校時代の画像や卒アル写真では、ヤンチャそうな雰囲気もありましたが、クラスの人気者であった山田裕貴さん。

高校時代はヤンキーだったという噂も、写真から推測されただけのものでした。

野球を辞め、俳優を志した裏には、父親である山田和利さんの存在が大きくあったことも分かりました。

父親の言葉で頑張ってこられた山田裕貴さんは、これからも俳優として精進していくことでしょう。

山田裕貴さんの今後の活躍からも目が離せませんね。