綾野剛

綾野剛の生い立ちが壮絶!自宅差し押さえや両親の離婚も!

星野源さんとドラマ「MIU404」にW主演している綾野剛さん。

そんな綾野さんは、その生い立ちが壮絶であると話題です。

幼少期に自宅差し押さえや両親の離婚を経験しているとの情報も!

よって、今回は綾野さんの幼少期から俳優デビューまでの生い立ちをご紹介します。

さらに、両親との関係は現在どうなっているのでしょう?

綾野剛さんの知られざる過去、詳しくお伝えしていきます!

綾野剛の家族構成や両親の職業は?

岐阜県で生まれ、高校を卒業するまで地元で育った綾野剛さん。

そんな綾野剛さんの家族構成は、父親、母親、綾野さんの3人でした。

綾野さんは一人っ子なので、兄弟姉妹はいません

両親は、綾野さんが幼い頃から共働きをしていました。

当時の両親の職業はそれぞれ、父親が洋服の卸売りをする会社の経営者母親が「ローズマリー」というスナックのママ・経営者でした。

スポンサーリンク

綾野剛の生い立ちが壮絶

両親ともに共働きの家庭で育った綾野剛さん。

そんな綾野さんの生い立ちはとても壮絶なものでした!

忙しい両親の一方、幼少期から1人で過ごすことが多かったという綾野さん。

その後、自宅を差し押さえられるという過酷な経験をしていました。

自宅差し押さえとは、一体何があったのでしょう?

また、少年時代には両親の離婚も経験。

ここからは、綾野さんの生い立ちについて詳しくご紹介していきます!

幼少期は両親不在の寂しい過去

幼少期の綾野剛さんは、とても寂しがり屋な性格でした。

2~3歳頃の写真でしょうか?

粗い画像ですが、あどけないながらも綾野さんの面影がありますね。

先ほども説明した通り、父親は会社を経営し、母親もスナックのママとして働いていた綾野さん。

その両親共働きの生活は幼少期からで、小学校に上がる前はずっと託児施設に預けられていました

また、母親はスナックのママとして働いていたため、母親が迎えに来るのはいつも夜更けごろ

幼い綾野さんは、両親と過ごす時間がほぼなかったようですね。

その生活は、綾野さんが小学生になっても続きます。

しかし、小学生になると託児施設が利用できなくなったため、今度は近所の女性に母親の帰りまで預かってもらうこともありました。

面倒を見てくれる優しい近所の方がいて良かったですね。

けれども、さすがに毎日預かってもらうのも難しく、1人で家にいることもありました。

また、その近所の女性に預けられていたのは小学校3年生頃まで。

高学年になったそれ以降は、毎日1人で留守番することになります

いくら高学年と言っても、10歳前後の子どもです。

この生活を送っていては、寂しがり屋になるのも仕方ないでしょうね。

家庭の味を知らなかった?

家に帰っても1人で過ごすことが多く、寂しい少年時代を過ごした綾野剛さん。

小学生頃の写真ですが、今とそっくりで当時からイケメンですね。

そんな小学校時代の綾野さんは、いつも押し入れに入っている子どもでした。

お気に入りの押し入れの中には、自らの手の届くところに貯金箱や写真、好きなものなどを置いていたと語っています。

なんだか、少し切なくなるエピソードですね。

その上、小学校中学年頃からは他人と接することが減り、一人遊びばかりしていたとも語っています。

また、母親のスナック勤めの影響で、子供の頃の綾野さんは母親の手料理を食べたことがありませんでした

夕食は一人か、帰ってきた父親と近所のお好み焼き屋で済ますことがほとんど

そのお好み焼き屋では「家庭の味を食べさせたい」という父親の配慮から、特注で家庭料理を頼んでいたとも言われています。

さらに、小学生時代の綾野さんに、近所の方がカレーをごちそうしたときのこと

そのカレーは特に変わったものではない、ごく普通のカレーでした。

しかし、綾野さんはそのカレーを食べ、

「こんなにおいしいカレーを食べたのは初めて!」

とビックリしていたと言うのです。

綾野さんは母親の家庭の味を知らずに成長したのですね。


スポンサーリンク


自宅差し押さえと両親の離婚

端から見ると寂しい小学生時代を経て成長した綾野剛さん。

そんな生い立ちの中でも、綾野さんはまっすぐに成長していきます。

寂しがり屋だった小学生時代から一転し、中学から高校時代には陸上部に所属するスポーツ少年でした。

しかし、高校生の時、綾野さんの家が悲劇に襲われます。

父親が事業に失敗し、経営していた会社が倒産してしまったのです!

そもそも幼少期から母親がスナックで働いていたことから察するに、綾野さんの家には余裕がなかったようです。

その上借金が重なっていたため、自宅が差し押さえられる事態に!

綾野さんと両親は引っ越しを余儀なくされました。

けれども、もともと夫婦仲は良くなかったらしく、間もなく両親は離婚

綾野さんは母親に引き取られ、そのまま高校卒業まで母親とともに暮らしています。

父親の会社が倒産し、自宅が差し押さえられるとは・・・。

たしかに、綾野さんの生い立ちは壮絶ですね。

家庭の事情で陸上部も退部

綾野剛さんは、高校生の時に父親の事業が失敗したことで、そのまま両親が離婚してしまいました。

もともと裕福ではなかっただろう家計がより厳しいものになり、綾野さんはアルバイトをしながら母親を支えることになります。

その結果、中学から続けていた陸上をやめるという重い決断をしています。

地元・岐阜の山を朝から晩まで走り回っていたほど、走ることが好きだった綾野さん。

その実力は、中学・高校ともに陸上の県大会に出場するほどでした。

さらに、中学時代は800mで県大会優勝

高校時代には同じく800mで県大会準優勝を記録しています!

綾野さんは、とても優秀な陸上・中距離の選手だったのですね。

しかし、その県大会で準優勝した高校2年生の大会後に、家庭の事情で陸上部を退部したのです。

有望な選手だっただけに辛い決断だったでしょう。

けれども、俳優になってからこの陸上経験が活きるきっかけが訪れます。

それは、2008年公開の映画「奈緒子」への出演です。

この映画「奈緒子」で綾野さんが演じたのは陸上選手!

映画では主人公のライバル役を演じ、経験者ならではの圧倒的な走りを披露しています。

また、映画ではハイスピードで走るシーンの撮影が長時間かけて行われました。

しかし、そんな過酷な撮影でも綾野さんは平然とこなしたため、同映画の監督から称賛されています。


スポンサーリンク


上京後、石田監督との出会いで役者を決意

高校卒業後、生まれ育った岐阜県を離れ東京での生活をスタートさせた綾野剛さん。

しかし、何かあてがあり上京したわけではなく、上京後はコンビニでのバイトで食いつなぐ日々を送ります。

そのさなかバンド活動をしていたところ、モデル事務所のスカウトを受け芸能界入りを果たします。

もともとバンドマンでモデルだったなんて、知らなかったです!

そして、俳優デビューしたのは21歳だった2003年。

デビュー作は「仮面ライダー555」でした。

やはり、仮面ライダーはイケメン俳優の登竜門ですね。

しかし綾野さんは主演の仮面ライダー役ではなく、まさかの怪人役でした!

けれどもこのデビュー作によって、綾野さんは本気で俳優を目指すようになります

そのきっかけとなったのは、「仮面ライダー555」の石田秀範監督でした。

俳優デビュー作でまともな芝居経験がなかった当時の綾野さん。

その人生初となったシーンではダメ出しをされ続け、OKが出るまでに計23テイク、時間にすると1時間半以上もかかったと言います。

その上、思わず殺意を抱いてしまうほど「芝居が伝わってこない」などと怒鳴られ続けたとのこと。

綾野さんでもデビュー当時は大変だったのですね。

しかし、そんな怒りと裏腹に「自分に対してまっすぐに向き合い、時間をかけてくれた監督に嬉しさも感じた」と告白しています。

さらに綾野さんは、その初演技でOKをもらったときの嬉しさが、現在も自分を突き動かしていると語っていました。

現在の母との関係は?

綾野剛さんは、高校時代の両親の離婚によって母親と2人暮らしを始めました。

母親との生活は、綾野さんが高校を卒業するまで続きました。

その後、綾野さんは東京へ上京し、現在の俳優としての活躍にいたります

そんな綾野さんが俳優の道に進むきっかけには「母親にもっと自分のことを見て欲しい」と思いがありました。

綾野さんが俳優デビューしたとき、誰よりも喜んだのは母親でした。

そんな母親が喜ぶ姿が、綾野さんにとって何よりも嬉しかったと話しています。

さらに、

「自分が心から尊敬する母が、仕事で頑張っているぼくの姿を見て、“自分ももっと頑張ろうと思った”って言ってくれたんです」

と母親への思いをひたむきに語っていました。

子ども時代は一緒に過ごす時間があまりなかった綾野さんと母親。

しかしその分、親子の絆は固く結ばれているようですね!

母親は現在もスナックを経営し、店を切り盛りしています。

綾野さんは毎年帰省のたびに母親が働くスナックに顔を出します。

そして、会うたびに母親を抱きしめ、再会を喜ぶとのこと。

また、綾野さんが母親を東京に呼び寄せ、美味しいお店を案内することもあると言います。

食事をしながら仕事や私生活などの相談をするなど、現在も親子仲はとても良いようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、綾野剛さんの壮絶な生い立ちをお伝えしてきました。

共働きの両親の元に生まれ育ち、幼少期から託児施設や近所の方に預けられていたことから寂しがり屋な少年になった綾野さん。

高校時代には父親の会社が倒産し、借金により自宅が差し押さえられるという悲劇が起こります。

その直後、両親が離婚し、有望な選手として期待されていた陸上を断念

しかし、現在も母親と仲が良く、母親の喜ぶ顔を見るために俳優活動を精力的に行っています

母親思いの顔が明らかとなった綾野剛さん。

ドラマ「MIU404」での演技も期待しましょう!