山田裕貴

山田裕貴の父はプロ野球選手の山田和利!俳優の道を選んだ理由は?

俳優としてさまざまなドラマや映画に出演する山田裕貴さん。

今や人気俳優となった山田裕貴さんの父親が、実は元プロ野球選手の山田和利さんだということはご存知でしょうか?

山田裕貴さんも幼少期は野球をしていましたが、野球選手である父親を持ちながら、なぜ俳優の道に進んだのか気になるところです。

山田裕貴さんの幼少期や俳優になった理由、父親である山田和利さんについて詳しく紹介いたします。

山田裕貴の父親はプロ野球選手の山田和利だった!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」や連続テレビ小説「なつぞら」への出演で、一躍人気俳優となった山田祐貴さん。

キリッとしたハンサムなお顔と、どことなく漂うミステリアスな雰囲気が素敵な俳優です。

そんな山田裕貴さんの父親が、元プロ野球選手の山田和利さんだと話題になったことがあります。

山田和利さんといえば、中日ドラゴンズと広島カープで活躍されていた選手ですね。

1983年から中日ドラゴンズに入団しており、レギュラーに定着はしていなかったものの、ユーティリティプレイヤーとして82試合に出場されています。

1991年に広島東洋カープへ移籍しており、1995年にはファーストの定位置を獲得して、チームの2位躍進に貢献していました。

次の年の1996年には、再び中日ドラゴンズに復帰しますが、故障によってその年限りで引退をされてしまっているんですね。

元プロ野球選手でありながら、山田裕貴さんの父親である山田和利さんの現在も見ていきましょう。

山田裕貴の父親の現在は?

山田裕貴さんの父親である山田和利さんは、現在、プロ野球コーチを行っています。

引退直後には中日ドラゴンズのコーチに就任しており、2軍打撃コーチや2軍や主総合チーフコーチを務め、2005年からはフロント入りを果たしています。

2012年頃には球団編成も行っていましたが、2015年には再び広島東洋カープで2軍守備・走塁コーチを務めるという4年ぶりの現場復帰をしています。

プロ野球選手を引退後も、プロ野球コーチとして選手育成に携わっていました。

山田和利さんは、まだまだ野球に関わりながらの生活を送られているようです。

山田裕貴は小中学校は野球少年!

父親である山田和利さんの影響を受け、山田裕貴さん自身も小中学校では野球を行っていました

小学校では山田裕貴さんの地元名古屋市内のリトルリーグで野球生活をスタートし、中学校では同じく名古屋市内のシニアリーグにて野球をしていました。

幼いながらも、フォームが定まっているように見えますよね。

山田裕貴さんは中学生の頃、将来の夢がプロ野球選手だったと話しています。

父親が野球選手だから、当たり前のように自分も野球選手になると思っていた</blokquote >と語っていたこともあります。

幼少期は父親に憧れて、野球を選手を目指していた山田裕貴さん。

なぜ、野球選手ではなく俳優の道を選んだのでしょうか

その理由を詳しく見ていってみましょう。

山田裕貴が野球を辞めて俳優を志した理由は?

中学校まで野球を続けていた山田裕貴さんですが、高校の頃からは野球から離れています。

野球を離れた理由として、中学時代に野球で結果を出せず

プロ野球選手の息子なのにと父親と比べられることがコンプレックスだった

とインタビューで語っていました。

しかし、プロの選手としてテレビに映る山田和利さんに憧れており、俳優としてテレビに出るなら父親がテレビに出る回数を超えられるかもしれないと感じたそうです。

プロ野球選手の父親も尊敬しつつ、テレビに映る父親にの姿にも憧れていたというわけですね。

これが、山田裕貴さんが俳優の道を志した理由です。

高校卒業後に進学を考えていなかったという山田裕貴さんは、上京をして俳優養成所に入っています。

漠然とした思いで俳優を目指していましたが、苦しい時があっても諦めなかったのは、山田和利さんに言われた言葉にあることも明かしています。

山田裕貴さんが野球を辞めた際に、

「1度決めたことをなぜやりきらなかったのか」

と言われたことがあり、俳優への道を絶対に諦めないと強く思っていたそうです。

その結果、俳優として結果を残しつつ有名になっていますので、山田裕貴さんの父親を超えたいという志が強く伝わってきますね。

山田裕貴が始球式で男泣き!

山田裕貴さんは、2018年にナゴヤドームで行われた「中日ドラゴンズ・東京ヤクルトスワローズ戦」の始球式に登板したことがあります。

中学生時代からのブランクを気にして、100球以上も練習で投げ込んだらしく、素晴らしいストレート球を披露しています。

山田裕貴さんの見事な投球に、会場も大盛り上がりでした。

始球式での山田裕貴さんをよく見ると、30番というユニフォームを身に着けています。

実は、30番という数字は父親である山田和利さんが、野球で優勝した際に着用していた番号と同じなのです。

俳優になってからは、いつか始球式に登板することが夢だったと明かした山田裕貴さん。

その夢が叶い、始球式後には感極まって男泣きをする場面が見られました。

父親の背中を追いかけて野球をしていた頃を思い出した</blockquote >言葉とともに流れた涙に、思わずもらい泣きをしてしまいそうになります。

30番というユニフォームを身に着けて男泣きをする山田裕貴さんから、父親への愛が伝わってくる感動的な瞬間でした。

山田裕貴の父は息子の演技に辛口評価?

2019年5月に放送された「深イイ×しゃべくりSP」に出演された山田裕貴さん。

番組内で、父親が山田和利さんであることを明かした後に、父親から演技をダメ出しされていることを話しています。

山田裕貴さんの出演するドラマなどを見てはいますが、まだまだだと厳しい評価をもらったことしかないと語りました。

「もっとすごみを出せ」

というアドバイスもされたそうです。

未だに自分に厳しい山田和利さんに対して、山田裕貴さんは「芝居やってました?」と番組内で思わずつっ込んでいました。。

何だかんだ言いながらも、父親との仲の良さが伝わってくる微笑ましいエピソードですよね。

きっと、父親に認めてもらうためにこれからも精進していくのだろうと感じられました。

まとめ

売れっ子俳優の山田裕貴さんについてご紹介してきました。

元プロ野球選手である山田和利さんを父に持ち、その父を超えたいという思いから俳優を目指していたのですね。

始球式での山田裕貴さんの男泣きなど、非常に親子愛が感じられたのではないかと思います。

山田和利さんに演技を辛口評価されるという、ほっこりするエピソードもありました。

山田裕貴さんが父親である山田和利さんに認められるように、これからも活躍を応援していきましょう!