清野菜名

清野菜名の身体能力に反響!母親ゆずりの運動神経もヤバイ!

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」に主演中の清野菜名さん。

今、そのドラマで見せる清野さんの身体能力の高さが話題となっています。

学生時代から有名だったという、清野さんの運動神経の良さ。

その優れた身体能力は母親ゆずりのものらしいのです。

一体どういうことなのでしょうか?

今回は、清野菜名さん出演のアクション作品をご紹介するとともに、その身体能力の高さについて詳しくお伝えしていきます!

ドラマ「シロでもクロでも・・・」清野菜名の身体能力に反響

清野菜名さん主演のドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

横浜流星さんとのW主演ということもあり、放送前から注目を集めていました。

現在、そのドラマで話題を集めているのが、清野さんの身体能力の高さです!

そんな清野さんの身体能力が分かる画像がこちらです。

見事なバク転ですね!

このほかにも、清野さんはドラマ内で数多くの華麗なアクションを披露しています。

この姿に、視聴者からはこんな意見が!

清野さんのアクションや身体能力の高さを絶賛する声が相次いでいます。

大人しそうな印象の清野さんですが、こんなに身体能力が優れているとは驚きですね!

スポンサーリンク

清野菜名の身体能力がわかる動画を紹介

先ほどのバク転画像でも十分に清野菜名さんの身体能力の高さが確認できたと思います。

しかし、そのスゴさは動画で確認するのが一番です。

清野さんは、自らのInstagramにアクションの練習風景をたびたび投稿しています。

その中で、より身体能力が分かる動画を3つ用意しました!

まずは壁宙返りです。

軽くこなしているところに、よりスゴさを感じますね。

続いて、側宙です。

View this post on Instagram

#ATT

A post shared by 清野菜名 (@seinonana) on

まるで忍者みたいな身のこなしでした。

最後は、ミット打ちです。

View this post on Instagram

#ATT おつかれーらいす

A post shared by 清野菜名 (@seinonana) on

早すぎて視線が追いつかないほどでした。

最後の可愛らしい笑顔とのギャップが激しいです。

動画を拝見して、清野さんの身体能力の高さに圧倒されてしまいました!


スポンサーリンク


清野菜名のアクションが観れる出演作品は?

ドラマでのアクション披露で、抜群の身体能力を持つことが広く知られた清野菜名さん。

その身体能力の高さから「NIKE AIR VAPORMAX」の広告モデルにも抜擢されています。

かっこいい写真ですね!

人気スポーツブランドの広告に起用されるとはさすがです。

そんな清野さんは、これまでもアクション女優として活躍してきました。

先ほどの動画は練習風景でしたが、本番の様子も観てみたいですよね?

そこで、ここからは清野さんのアクションを堪能できる作品をご紹介していきます!

清野さんが注目されるきっかけとなった映画から人気者の仲間入りを果たしたドラマまで

清野さんの魅力が詰まった3作品です!

東京無国籍少女

まずは清野菜名さんの初主演作である、2015年公開の映画「東京無国籍少女」です。

この作品では血まみれになりながらのアクションなど、過激なシーンに挑戦しています。

アクションが大きな鍵となるこの作品。

しかし、アクションの練習として清野さんに与えられた期間はわずか3日でした。

そんな短い期間でもベストを尽くした清野さん。

見応えのある圧倒的なアクションシーンに仕上げています。

清野さんが映画の中でも特に力を入れたのは、銃を使ったガンアクション

劇中では、兵士相手に銃を持ち1人で大立ち回りを繰り広げるシーンが用意されています。

当初、そのシーンで「それでは兵士を倒せるように見えない」と、監督の押井守さんから苦言を呈されていました。

しかし、その悔しさから、自主練習を決意した清野さん。

銃を家に持ち帰り、銃の扱いをひたすら体に覚えさせたのです。

そんな清野さんのことを、押井守監督は、

「この藍という役は清野菜名にしかできないと確信した」

と、高く評価しています。

その特訓の成果は、映画本編で確認できますよ!

「TOKYO TRIBE」

続いて清野菜名さんのブレイク作、2014年公開の映画「TOKYO TRIBE」です。

清野さんは、この作品で第36回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞第3回ジャパンアクションアワード・ベストアクション女優賞を受賞!

アクション・演技ともに高く評価されました。

しかし、この作品で脚光を浴びるまで、清野さんにはさまざまな苦労があったのです。

まず、この映画のオーディションは、仕事がなく女優をやめようと考えていたときに受けたものでした。

その上、1回目のキャストオーディションでは落選しています。

しかし、諦めきれなかった清野さんは、2回目のアクションメンバーオーディションに参加

そこで監督の園子温さんに見出され、いきなりヒロインに抜擢されたのです!

園子温監督は、清野さんを選んだ理由を、

「アクションをしていると輝いて見える」

と話しています。

こうして、突如大役を務めることになった清野さんは、何事にも果敢に挑戦!

ドレス姿での側宙も披露しています。

しかもこの側宙、本番当日に初めて挑んだぶっつけ本番
でした!

さらに、劇中ではフルヌードでのラブシーンにも挑戦しています。

当時19才の若さにもかかわらず、すさまじい度胸を見せつけました。

清野さんは、

「撮影中は、のしかかるプレッシャーに、毎日吐きそうなくらいでした。本当に苦しかったです。『この壁さえ越えれば次はこれだけだから』と、カウントダウンしながら、何とか乗り越えられた。あの作品との出会いが、私の人生の転機になりました」

と、この作品を振り返っています。

まさに、清野さんにとってブレイクにふさわしい作品だったのですね。


スポンサーリンク


「今日から俺は」

最後は、清野菜名さんがヒロインを務めた2018年放送のドラマ「今日から俺は!!」です。

キュートな聖子ちゃんカット姿も話題になりましたね。

しかし、このドラマでも清野さんの圧巻ともいえるアクションを観ることができます。

可憐なルックスとのギャップがすごいですね。

合気道が得意、という役どころを演じた清野さん。

次々と襲いかかってくる不良たちを華麗に撃退していくアクションシーンでは、

「これがスタントじゃないとかマジですごい!」
「これは女でも惚れちゃうシーンだよ」

と、女性たちのハートも射抜くかっこよさを見せつけています。

このように、清野菜名さんはアクション作品に引っ張りだこです。

これからもアクションには欠かせない女優として活躍していくことでしょう!

清野菜名の小中学時代の運動神経がすごい!

優れた身体能力を持つ清野菜名さん。

清野さんの運動神経の良さは、地元・愛知県で過ごした小・中学生時代から変わりません。

とにかく活発だった、という小学生時代の清野さん。

真っ黒に日焼けした肌には、傷やあざは当たり前。

何でもいいからスポーツ選手になりたかった」とも語っており、男の子に交じってサッカーやドッジボールなどをしていました。

中学校に進学した清野さんは、バスケットボール部に入部します。

バスケ部では、必死に汗を流す日々を送りました。

一方、抜群の運動神経を見込まれて、陸上部からスカウトを受けた清野さん。

バスケ部と陸上部を兼部していました。

その陸上部で取り組んでいたのは「走り高跳び」です。

走り高跳びでは3年生の県大会で見事準優勝し、全国大会への出場を果たしています!

その実力から、陸上の強豪である高校への推薦入学も打診されていました。

しかし、その推薦の話を断り、当時すでに始めていた芸能活動のため高校進学を機に上京しています。

全国大会では161cmの高さを跳ぶという記録を残した清野さん。

続けていたらもっと上を目指せていたかと思うと、少しもったいないですね。

清野菜名の高校時代はアクション部に所属

中学卒業後に愛知県から上京した清野菜名さんは、日本芸術高等学園に進学します。

その高校時代の清野さんが所属したのは「アクション部」でした!

芸能系の学校ならではの部活ですね。

ボクシングや殺陣などアクション全般が学べるこのアクション部では、しっかり3年間かけてアクションの技を磨いています。

さらに、2年生の時には、アクション養成所にも通いました。

そこでは1年間、本格的にアクションの訓練を受けています。

清野さんが持つアクションの腕前は、学生時代からの地道な努力があったのですね!

清野菜名の運動神経は母親ゆずり!?

学生時代から高い運動神経を持っていた清野菜名さん。

この運動神経の良さは、母親ゆずりのものと言われています。

なぜなら、清野さんの母親は元バレーボール選手

日本代表の候補に選ばれたこともある、日本トップクラスの選手でした。

母親がトップアスリートだったのですね。

確かに、これは母親ゆずりと言えるでしょう!

学生時代は母親に対し激しく反抗していたという清野さん。

しかし、そのそんなひどい反抗期が過ぎ去った今は、母親ととても仲良しです。

2人でプリクラを撮影したこともありました。

左が清野菜名さん、右が母親です。

母親とは思えないほど若々しいですし、清野さんに似て美人ですね。

さらに、2ショットプリクラからは、親子仲の良さが伝わってきます。

努力家でもある清野さんですが、もともと母親ゆずりの才能にも恵まれていたのですね。

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」でのアクションシーンが大きな反響を呼んでいる清野菜名さん。

その高い身体能力から、これまで数々の作品でその高いアクション技術を披露しています。

その運動神経は、学生時代から抜群!

陸上・走り高跳びでは全国大会出場も果たした実力者でした。

さらに、その身体能力は、元バレーボール選手の母親ゆずりで天性のものだったことも判明しています。

演技だけでなくアクションもこなせる万能女優・清野菜名さん。

これからもその活躍に期待しましょう!