上野樹里

上野樹里は性格が悪い?共演NGやドタキャンの真相!

2019年放送のドラマ「監察医 朝顔」での演技が好評だった上野樹里さん。

2020年は、ドラマ「テセウスの船」への出演が決まっています。

そんな実力派女優として人気を誇る上野さんですが、かねてから性格が悪いと囁かれています。

今回は、上野樹里さんの性格が悪いと言われる原因となったエピソードをご紹介します。

悪かったと言われる性格ですが、ある出来事を機に変化したという情報も!

上野樹里さんの過去・現在の評判について、詳しくお伝えしていきます!

上野樹里の性格が悪い?その理由とは?

上野樹里さんといえば、大ヒットし何度も映画化されたドラマ「のだめカンタービレ」など数多くの代表作を持つ、国民的女優ですよね。

2019年は、13年ぶりの月9主演も話題になりました。

しかし、それまでの数年間、上野さんをテレビで見かける機会は少なかったように感じます。

ネットでは「干されていた?」とも囁かれている上野さんの露出減。

その原因としては、上野さんの「性格の悪さ」が挙げられています。

なぜ、性格が悪いと言われるようになってしまったのでしょう?

その理由となったエピソードをいくつか紹介して参ります!

子供への態度が悪い

上野樹里さんの性格が悪いエピソード1つ目。

それは「子役に対する態度がひどい」というものです。

これは、2010年公開の映画「のだめカンタービレ最終楽章・後編」を撮影しているときのエピソードです。

撮影の合間に共演していた男の子役が、親しげに軽くボディタッチした時のことです。

その子役の子はかまって欲しかったのか、じゃれるように触れただけでした。

しかし、上野さんは「さわらないで!」と激怒!

周囲が呆然とするほど、その子役に対し怒鳴り続けたというのです。

それは、さすがに怖いですね。

ただ、上野さんは役に没頭するタイプの役者

演じている役によって、話し方やキャラクターまで変わってしまうほどです。

その影響もあり、子役にひどい態度を取ってしまったのかもしれません。

また、若い頃は、

「子役の子って、何を話したらいいのかよくわからない」

と、悩んでいた様子もありました。

もともと、子供が苦手なのかもしれませんね。

けれども、いい大人が子供に対し些細なことで怒鳴り散らすのは良くないと思います。

ドラマヒロインをドタキャン

上野樹里さんの性格が悪いエピソードその2。

ドラマのヒロインを直前で出演キャンセルした」というものです。

そのドラマとは、2017年4月放送の「ボク、運命の人です。

これは、KAT-TUNの亀梨和也さんと山下智久さんの共演で話題となった同作のヒロインを蹴った、というものです。

週刊新潮がスクープにより発覚しました。

その理由はとしては「ギャラの安さが気に入らなかった」や「ジャニーズタレントとの共演が嫌だった」など。

諸説ありますが、どれも上野さんの「ワガママ」が原因と捉えられています。

結局、ヒロインは木村文乃さんが務めていました。

ドタキャンは、芸能人でなくても御法度ですよね。

このこともあって、最近、作品への出演機会が少なかったのでしょうか?

NHK大河ドラマで炎上!先輩女優にタメ口も?

上野樹里さんの性格が悪いエピソードその3。

大河ドラマの現場で先輩にタメ口」というものです。

上野さんは2011年放送のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で主演を務めました。

そのドラマでは、母親役として鈴木保奈美さん、姉役として宮沢りえさんと共演しています。

上野さんは現場でそのお二人に対しタメ口で話しかけたというのです。

キャリアが桁違いのお二人に対してさすがにフランクすぎですね。

その様子を見ていた周りのキャスト・スタッフたちは生きた心地がしなかったでしょうね。

さらに、大河ドラマの現場では、台本の読み合わせの途中で突然席を立ったかと思えば帰ってこなかったなど、いろいろ迷惑をかけていたとも言われています。

大河ドラマの放送中には、そういった悪評が散々吹聴され続けました。

そういった記事は、視聴率が微妙だったため、少し話題作りの面もあったのかもしれませんが・・・。

それでも、基本的な礼儀や敬語を使うことは社会人として当然の行いです。

座長として現場の空気を悪くする行動は慎むべきだったと思います。

自己中行動を中居正広に叱られた?

上野樹里さんの性格が悪いエピソードその4。

自己中心的すぎて生放送で叱られてしまった」というものです。

それは2008年に放送された「笑っていいとも!2008春の祭典SP」でのこと。

上野さんは、ドラマ「ラスト・フレンズ」の宣伝のため同番組に出演していました。

番組内挑戦したゲームが上手くできなかった上野さんは、やる気のない態度を取ってしまいます。

それを、同番組で司会を務めていた中居正広さんに、

「どうした? もうちょっと、女優さんだからかわいくやらないと」

と、注意されています。

さらに、他のゲームをしたときには、悔しさのあまり言葉遣いが悪くなってしまいました。

たまりかねた中居正広さんが、

「上野さん、もうちょっと言葉を選んで……」
「言葉のチョイスが乱暴! 生放送だから」

と、生放送中ながら叱る事態となりました。

スムーズに番組が進行できなくなったら、困るのは司会者です。

中居さんも困惑してしまったのでしょう。

さすがに生放送で自己中心的な発言・行動はまずいですよね・・・。

共演NGの女優は?

番宣のために出演した生放送番組でワガママに振る舞ってしまった上野樹里さん。

そのドラマ「ラスト・フレンズ」で共演した長澤まさみさんとは「共演NG」レベルの不仲だと言われています。

しかし、そのドラマの撮影中は、とても仲良しだったというのです。

お二人の間に何があったのでしょう?

きっかけは、同ドラマの打ち上げの席でお酒に酔った長澤まさみさんが、上野さんに執拗に絡んできたこと。

その絡みがセクハラじみた言動を含んでいたことで、上野さんが長澤さんを毛嫌いするようになりました。

真面目すぎる性格ゆえ、その言動に耐えられなかった上野さん。

撮影中は役に入っていたため気付かなかったのかもしれませんが、もともと性格が合わなかったのではないでしょうか?

また、主演の大河ドラマへ長澤まさみさんを起用しようとした矢先、上野さんが共演を嫌がったためオファーが消えた、というエピソードも。

そのことを耳にした長澤さんも、上野さんに対して距離を置くようになったと言われています。

決定的な亀裂はありませんが、この関係を修復するのは難しそうですね。

女優として確固たる地位を築いているお二人です。

また、共演が実現する日が来ると良いですね。

スポンサーリンク

上野樹里の性格は母親の死が関係してる?

ここまで、上野樹里さんの性格が悪いといわれる原因となったエピソードを紹介してきました。

そもそも、上野さんは、どうしてこんなに問題を起こすようになってしまったのでしょう?

それには14才の時に経験した「母親との死別」が関係していると言われています。

14才の時に芸能界入りした上野さん。

その当時、上野さんの母親は重い病に冒されていました。

そして、デビューとなるCM出演が決まる直前に亡くなっています

母親は、死の直前に、

「あんたもこんなふうに、テレビに出られたらいいのになぁ」

と、娘の上野さんにこぼしていました。

その言葉を胸に秘め、上野さんは女優を目指したと語っています。

上野さんの女優人生の始まりは、母親の死だったのですね。

そして、母親が亡くなった後、上野さんは、

「自分の生活する分は、自分で仕事して稼がなあかん。自分の力で暮らせるようになるんや」

と自らに言い聞かせ、奮い立たせていたのです。

その強すぎる自立心が、時として周囲の人を困惑させてしまっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

上野樹里が結婚を機に性格が変わった

性格の悪さがたびたび囁かれていた上野樹里さん。

しかし、最近は「性格が良くなったのでは?」とネットで話題です。

そのきっかけとしてあげられるのが「結婚」です。

上野さんは、2016年に11才年上のミュージシャン・和田唱さんと結婚を発表。

お二人は2ショット画像など、仲睦まじい様子をSNSに投稿するなど頻繁に幸せぶりをアピールしています。

その和田さんとの結婚後、優しくなったと言われているのです。

かつては共演した子役に対し怒鳴り散らすこともあった上野さん。

しかし、最近の「監察医 朝顔」では、娘役の子役を積極的に可愛がる姿が確認されています。

まるで本当の母親のようだった、と驚きの声が上がるほどです。

母親の死から「一人で強く生きる」ことにとらわれ、周りとの間に軋轢が生まれることも多かった上野さん。

和田唱さんという、すぐそばでずっと支えてくれる人ができたことで、そんな心に余裕が生まれたのかもしれません。

結婚の影響力は大きいですね!

まとめ

週刊誌やネットの記事上、また世間からたびたび「性格が悪い」と非難されてきた上野樹里さん。

長澤まさみさんとの共演NGは性格の不一致ゆえのことでした。

しかし、2017年に決定していたドラマヒロインを自らのワガママで突如降板することもあるなど、確かに性格が悪いといわれるエピソードが多々ありました。

結婚してからは性格が円くなったともいわれる上野樹里さん。

今後は性格の良い女優として有名になるかもしれませんね。