長谷川博己

長谷川博己の学歴は?大学時代はバックパッカーで放浪歴も!

NTTドコモのCMで見せるコミカルな演技も魅力的な長谷川博己さん。

2020年放送の大河ドラマ「麒麟がくる」で主演を務めるなど、年々活躍の場が広がっています。

今回は、そんな長谷川さんの学歴についてご紹介します!

放浪歴があり大学時代はバックパッカーだったという噂は本当?

さらに、海外にいた小学校時代から中学・高校までのエピソードも調べました!

その他にも、あの有名人と俳優になる前から知り合いだった、というエピソードも含めて、詳しくお伝えしていきます!

長谷川博己は幼少期イギリスに住んでた時期も

長谷川博己さんの学歴、まずは幼稚園~小学校についてです。

その当時の画像がこちら!

顔立ちはそのままですね。

女の子みたいなおかっぱが気になりますが、可愛らしい雰囲気です。

長谷川さんは東京都八王子市出身です。

八王子にある高尾幼稚園が、同園のブログに「長谷川博己さんが卒園している」と記載したことで、同幼稚園出身であることが発覚しています。

また、確実な情報ではありませんが、その高尾幼稚園の近くにある公立・八王子市立浅川小学校に通っていた、とも言われています。

しかし、ずっと日本の小学校に通っていたわけではありません。

小学3年生の時に、1年にわたってイギリスで生活しています。

これは、著名な建築評論家である父親・長谷川堯さんの仕事の関係によるものでした。

イヤイヤだったイギリス行きですが、1年間現地の学校に通ったことで英語を習得

けれども、子供だったためか、その英語力は微妙とのことです。

その学校は国際色が豊かで、イギリス人だけでなくインドやパキスタンなどの同級生達とも交流があった、と語っています。

この1年間のイギリス生活については、

「その経験があるから物おじしない性格になった」

と語るなど、長谷川さんの人生において大きな影響を与えています。

幼少期から映画を見てた

長谷川博己さんは芸能界でも屈指の映画好きとして知られています。

映画を好きになったのは3才の時。

好きになったきっかけは、映画「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」でした。

1981年に公開された、人気シリーズ「インディ・ジョーンズ」の1作目である同作。

長谷川さんにとっては、初めて観る映画でした。

父親に連れられてみた同作にひどく感動した長谷川さん。

そのまま映画の世界に魅了されていきます。

スポンサーリンク

長谷川博己は中学受験で挫折?

長谷川博己さんには中学受験に失敗した、という苦い過去があります。

第一志望の高校に落ちてしまったのです。

当然、落ち込んでしまいますが、そんな長谷川さんを支えたのは映画でした。

長谷川さんを励ましたのは、ブルース・ウィリス主演の大ヒット映画「ダイ・ハード」です。

映画館で「ダイ・ハード」を観て、明日を生きる活力をもらえた、と語っています。

長谷川さんの人生において映画とは、切っても切り離せない存在のようですね。

中学時代はバスケ部に所属

長谷川博己さんの学歴、次は中学校です。

長谷川さんは出身中学校について公表されていません

しかし、ネットの情報では、いずれも私立の「桐朋中学校」「京北中学校」とことです。

これは、長谷川さんの、

「男子校」
「中高一貫の私立校」
「男子バスケット部の強豪校」

という過去の発言から推測されたものです。

正確なことは不明でしたが、どちらにして偏差値は高めの進学校です。

そんな中学時代の長谷川さんは、バスケットボール部に所属していました。

長谷川さん自身も仰っていますが、入部したそのバスケ部は強豪チームでした。

練習は相当ハードだったと言います。

しかも、3年間ずっと補欠で、試合に出ることはほとんどありませんでした

それでも辛抱し、卒業するまでバスケを続けています。

現在は身長182㎝とスラリと高身長の長谷川さん

しかし、バスケをやっていた中学時代は小柄で、156㎝までしか伸びませんでした

美肌だったこともあり、新入生向け部活勧誘会では女装姿で劇に出演したことも!

バスケは中学3年間でやめています

その後、成長期がようやく来たのか、バスケを辞めてから身長が伸び始めたと言っています。

もし、中学時代に身長が伸びていたら、有望な選手になれていたかもしれないので惜しいですね!

バレンタインの苦い思い出

男子校に通っていた長谷川博己さんには、バレンタインに苦い思い出があります。

周りが男子ばかりで、恋愛そのものに縁がなかった中学時代の長谷川さん。

けれども、やはりその頃からイケメンだったのでしょう。

長谷川さんに恋する女子はいたようです

しかし、悲劇が!

「中学校くらいのときに声をかけられて、『えっ、そんなわけない』って思ってその場から走って逃げました」

と、初々しいエピソードを告白しています。

女子に耐性がなさ過ぎるシャイな長谷川さんがかわいいですね。

他人が聞くと微笑ましい話ですが、本人にとっては苦い思い出かもしれませんね。

長谷川博己の高校はどこ?/h2>
長谷川博己さんの学歴、続いては高校についてご紹介します。

長谷川さんの出身高校については、ずっと「八王子学園八王子高等学校」と噂されていました

この方のTwitterにもそう書かれていますね。

しかし、中学時代の時に説明しましたが、長谷川さんは「中高一貫の男子校」出身です。

この八王子高校は中高一貫校ですが、男女共学校

したがって、八王子高校は長谷川さんの出身高校ではないと思われます。

出身中学として噂される「桐朋」か「京北」から、中高一貫でそのまま進学した、という可能性が高いでしょう。

部活に入らず、年間100本ペースで映画を見続けていたという高校時代。

レンタルするためビデオ店に通い詰めていました。

映画好きに拍車がかかっていますね!

映画少年だった長谷川さんの当時の夢は「映画監督」。

俳優を目指すようになるまでには、まだ少し時間がかかります。

長谷川博己の大学はどこ?

長谷川博己さんの学歴、最後は大学についてです。

映画漬けだった高校時代を経て、進学したのは中央大学でした!

1年間の浪人生活を経ての進学でした。

学部は文学部です。

大学時代には、不足した劇団員の穴埋めとして急遽舞台に出演する、という出来事が!

この出来事を経て、役者になりたい、との思いが芽生えていきます。

その当時の雑誌のインタビュー記事がありました!

若干チャラいですが、カッコいいですね。

隣が高校時代の城田優さんという方が驚きでしょうか?

この頃は「長谷川小太郎」という芸名で活動していました。

長谷川さんが役者という道を意識し始めたのは、大学時代からだったのですね。

大学時代にバックパッカーで放浪

人生の転機となった長谷川博己さんの大学時代。

大学3年生の時には、バックパッカーとして世界各地を放浪する、という経験もしています。

旅したのは西ヨーロッパが中心。

30万円を持って、およそ2ヶ月間にわたる放浪を続けました。

特に深い印象が残っているのは、スペイン・バルセロナを訪ねたとき。

たまたま出会った弁護士の男性と親しくなり、滞在中にあれこれ気にかけてもらった長谷川さん。

再会を約束する仲になったその男性の姿から、

「もっと世の中って自由に楽しんでいいんだっていう気持ちになった。バルセロナ中の人がそういう人にすごく見えて」

と感じ、「人生を楽しむために働く」という人生の理想ができたと語っています。

このバックパッカーとしての経験から「人生を自由に楽しむ」という生き方を知った長谷川さん。

この人生観が、役者になると決意させ、現在の長谷川さんの活躍につながっていると言えますね。

バイトでリリーフランキーと一緒に仕事も

大学時代の長谷川さんにはもう一つ面白いエピソードが!

大学時代、出版社でアルバイトをしていた長谷川さん。

ちなみに、働いていたのは雑誌「ポパイ」の編集部です。

そのバイト内容は「リリーフランキーさんの原稿を取りに行く」というものでした!

俳優としての活躍がめざましいリリーフランキーさんですが、もともとはイラストレーターです。

2016年公開の映画「二重生活」で共演を果たしたお二人。

その舞台挨拶では、原稿の受け取りのため自宅を訪ねた時に居留守を使われたなど、リリーフランキーさんに苦労させられたというエピソードも語っています。

ただ、リリーフランキーさんからは、

「仕事場に貼ってあるポルノ映画のHなポスターを見て、どこに売ってるんですか? と食らいついてきた」

という恥ずかしいエピソードを暴露されていました。

20年以上前は作家と出版社のアルバイトという関係性だったお二人が、今お互いには俳優として活躍しているなんて面白いですね!

スポンサーリンク

まとめ

長谷川博己さんの最終学歴は「中央大学文学部」でした。

八王子市で生まれ育ったと言われる長谷川さんは、小学3年生の1年間に父親の仕事の都合で1年間イギリスに住む、という経験をされています。

中学時代は小柄ながらもバスケ部に所属し、高校時代は部活に入らず映画漬けの日々を送ります。

大学時代には代役ながらも役者デビューを果たし、バックパッカーとして2ヶ月間放浪、出版社のアルバイトなど、濃い4年間を過ごしています。

少年時代に得た経験を活かしつつ、俳優として活躍を続ける長谷川博己さん。

これからも大注目の俳優ですね!