片寄涼太

片寄涼太の父親は高校の教師!個性的でバリ怖い?

ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のボーカルとしてだけでなく、最近は俳優としても大活躍の片寄涼太さん。

そんな片寄さんの父親、職業は高校の教師をしています!

父親はどんな方?また、片寄さんの父親が教師をしている高校はどこなのでしょう?

番組の企画で父親に会いに行ったこともありました!

そのときの様子やサプライズの手紙の内容、15年ぶりのピアノ共演についても詳しくお伝えしていきます!

片寄涼太の父親は教師!高校はどこ?

音楽番組やコンサートなどでキラキラしたアーティスト姿を見せる片寄涼太さん。

そんな片寄さんの父親の職業は「高校教師」です!

教師というと、お堅いイメージなので意外に感じます。

実は、片寄さんのお家は教師一家

両親ともに教職に就き、担当教科は父親が音楽、母親が英語です。

ちなみに、祖父も父親と同じく音楽教師をしていました。

音楽教師、というのは納得ですね!

片寄さんがアーティストになったのは、音楽教師の父親・祖父の影響もありそうです!

片寄さんの父親は、現在「大阪府立夕陽丘高等学校」に勤めています。

その父親が働く夕陽丘高校へ、片寄さんが訪ねたことがありました!

スポンサーリンク

「GENE高TV」で片寄涼太が父親に会いに行く

片寄涼太さんは、番組の企画で、父親の勤める高校を訪ねています

その番組とは、AbemaTVで放送されている「GENERATIONS高校TV」。

「GENERATIONS高校TV」とは、

ダンス・ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEが全国各地の高校に突然現れ、イマドキ高校生ライフを体当たりレポートする青春応援バラエティ番組

で、毎週日曜日の夜9時~放送しています。

2019年4月28日の放送でちょうど放送100回を迎えた同番組。

それを記念し、スペシャルな企画が用意されました。

題して「片寄涼太のお父さんに会いに行っちゃおうSP!」。

高校へ行って、父親の教師姿をチェック

さらに、父親の授業を体験してみよう!という企画でした。

片寄さんも、

「(父が)どんなふうに(先生を)やってるのか見てみたいし、気になる」

と、普段よりもドキドキした様子。

片寄さんは緊張しながらGENERATIONSのメンバーといっしょに、父親のいる夕陽丘高校へ向かいました。

父親の印象は怖い?

高校へ向かう車中では、GENERATIONSのメンバーから片寄涼太さんの父親の印象を語る場面もありました。

片寄さんは2010年からEXILEのダンススクールに通っていました。

その時、ともにダンススクールに通っていたのが、現在GENERATIONSでともに活動する数原龍友さんでした。

そんな数原さんの片寄さんの父親に対する印象はバリ怖い」!

どうしてそう感じてしまったのでしょう?

このエピソードをご覧ください!

確かに、なかなかパンチの強いエピソードですね。

満員電車の体が密着し合った状態でこんな大事な話をされたら、確かに大分恐怖を感じそうです。

さらに、「ライブ中にガン見しながら旗を振ってくる」など、他のメンバーにも心当たりがある怖い人エピソードも。

話を聞いている分には面白そうな方ですが、パフォーマンス中にされたら一気に集中が切れそうです。

メンバーたちも、「怖い」というより「戸惑い」の方が大きいようでした。

そんな「怖い人」という印象をメンバーから持たれている片寄さんの父親が勤める高校に到着します。

父親の印象はすごい個性的

夕陽丘高校に到着した片寄涼太さんとGENERATIONSのメンバーたち。

いきなり会っても面白くないので、まずは父親の教師としての印象を生徒たちに聞き込みをします。

生徒たちの回答は「すごい個性的」とのこと。

「話してみると面白い人」との答えもあり、父親は生徒から人気がある教師のようでした。

さらに、学校で片寄さんのことを「すごく大好き」と公言しているとのタレコミが!

音楽教師の父親が過ごすことが多い音楽研究室に「写真集やカレンダーを持ち込んでいる」との情報もゲットします。

その音楽研究室へ向かうGENERATIONS一行。

到着しまず目に飛び込んできたのは、扉に貼られていた片寄さんが出演した映画のポスター!

その室内にも、ありとあらゆるところにポスターが貼られていました。

これには片寄さんをはじめ、メンバーも驚きを隠せません。

中には入手が困難なポスターもあり、その強すぎる息子愛に片寄さんも呆然

息子愛がダダ漏れです。

愛が強すぎるあまり、家の中だけでは収まりきらなくなってしまったのでしょうか?

とにかく、片寄さんが父親から愛されて育ったことは分かりました。

片寄涼太の父親を発見

片寄涼太さんのポスターが貼られまくった教室内で、ポスターを貼った張本人・片寄さんの父親とついに対面します。

父親は教室に生徒たちを待たせ、音楽準備室で捜し物をしているところでした。

親子そろって並ぶと、目元がそっくりですね!

顔の彫りが深くて、若い頃は相当なイケメンだったのでしょうね!

ポスターだらけの室内にも「これでも遠慮して貼っている」と答えた片寄さんの父親。

ここまで平然としていたら、誰も何も言えませんね。

片寄涼太が父親と15年ぶりにピアノ共演

片寄涼太さんの父親と対面し、教師としての姿を確認するためその授業を受けた片寄さんとメンバーたち。

授業では、GENERATIONSの楽曲「いつか晴れ渡る空の下で」を生徒たちと熱唱しました。

父親の伴奏で、生徒といっしょに自らの楽曲を歌った片寄さんは、照れながらも、

「経験できて良かったです。楽しかったです」

と話しました。

そして、父親への恩返しの思いを込めて、「くるみ割り人形・行進曲」のピアノ連弾を生徒たちの前で披露しました。

親子のピアノ共演は、実に15年ぶり!

このために、片寄さんは父親と2人でピアノの練習も行いました。

ピアノ共演の直前には、15年前最後に連弾した時の映像が流れるという粋な演出も!

このサプライズに片寄さん親子は笑い合い、落ち着いた雰囲気の中ピアノ共演を成功させました!

弾き終えた片寄さんは「楽しかった」と満足した様子でしたが、父親は「疲れました・・・」と大役を終え、ほっとした様子でした。

カメラの前で弾くのは緊張しますよね。

このピアノ連弾は、お2人にとって素晴らしい思い出になったでしょうね!

片寄涼太の父親からサプライズの手紙

15年前のピアノ共演映像に続き、片寄さんへ父親からサプライズが!

父親は、この日のために片寄さんへ手紙を書いていました。

手紙には、

「離れて暮らすようになって8年。学校にポスターとか貼っていて、それを見ると涼太が頑張っているから自分も頑張ろうと思います」
「こんなに誇りをもてる息子をもてて、幸せです」

と、片寄さんへの思いが綴られていました。

時折、涙で言葉を詰まらせながら読み上げる姿は、片寄さんだけでなくメンバーたちの涙も誘いました。

芸能人として活躍する息子の姿に支えられ、さらに「誇りに思う」と語った父親。

ここまででも十分、息子への深い愛情を感じてはいましたが、言葉にするとよりグッときますね。

片寄涼太から父親への言葉も泣ける

父親からの手紙を受け、片寄涼太さんも父親に言葉を贈っています

言葉の全文がこちらです。

片寄さんは、やはり涙を目に浮かべながら、父親への感謝の思いを告げました

一人っ子で、両親から愛されて育った片寄さん。

周りからの反対を受けても、父親は片寄さんの「芸能界で活躍したい」という夢の背中を押し続けてくれました。

この親子共演は、片寄さんからずっと応援してくれた父親に対する最高の親孝行になりましたね!

スポンサーリンク

まとめ

片寄涼太さんの父親は、大阪府立夕陽丘高校で音楽の教師として働いていました。

自身がよくいる音楽研究室には扉から室内の至る所にまで片寄さんのポスターが貼ってあるなど、息子への愛があふれ出していました。

生徒たちから「個性的」と言われるのも納得です。

片寄さんあてに書いた手紙も、その手紙に対して返した片寄さんの言葉も、親子愛にあふれている温かいものでした。

良い2ショット写真ですね!

GENERATIONSは「第70回紅白歌合戦」出場も決め絶好調!

片寄涼太さんの快進撃は、まだまだ終わりそうにありませんね!