吉田羊

吉田羊の高校時代の卒アル写真!応援団長でファンクラブも!

アニメ映画「アナと雪の女王2」でヒロイン・アナとエルサの母親の声を演じることが発表され話題の吉田羊さん。

そんな吉田羊さんは、高校時代の卒アル写真が流出したことで本名がバレてしまっています!

気になる、吉田羊さんの本名とは?卒アル写真も大公開

また、高校時代には応援団長を務め、ファンクラブがあるほどモテモテだったという情報も!

その真偽も含め、卒アル写真の画像から高校時代のあだ名、さらに出身大学までも詳しくお伝えしていきます!

吉田羊は小学校時代「ラスカル」が話相手?

小学校時代の吉田羊さんは、いわゆる内弁慶タイプでした。

ボーイッシュで可愛らしいですね。

兄・姉が2人ずついる5人兄弟の末っ子として育った吉田さん。

家では末っ子らしく好き放題に、思ったことを自由に口にしていました。

しかし、人見知りな性格から、学校では誰にも話しかけられない内気な子供でもありました。

ご自身でも、

「基本根暗で友達を作るのが苦手だった。だから、友達はいなかった」

と、小学校時代の吉田羊さんを振り返っています。

今のハキハキした感じの吉田さんからは想像できませんね。

そんな吉田さんの唯一の友達だったのが、「あらいぐまラスカル」のぬいぐるみでした。

学校では1人で過ごすことが多かった吉田さん。

学校にまで「ラスカル」のぬいぐるみを持っていき、休み時間に話しかけていました。

「ラスカル」だけでなく「モンチッチ」のぬいぐるみを持っていくこともありました。

どちらにしても、端から見たらなかなか怖い光景ですね。

そんな小学校時代を送り、卒業アルバムにはクラスメイトの男子から

「君はもう少し明るくなれば良いのに」

というメッセージを書き残されるという強烈なエピソードも!

今の姿からは想像できない暗めの小学生時代を過ごされていたのですね。

吉田羊の出身中学!○○が辞められなかった!

地元の市立小学校を卒業した吉田羊さんは、中学校へ入学します。


吉田さんの出身中学は、市立の「久留米市立諏訪中学校」と私立の「久留米信愛女学院中学校」のうちどちらかです。

中学生になり学校へぬいぐるみを持っていくことは卒業できた吉田さん。

しかし、「おままごと」を辞めることはできませんでした!

幼い頃は、普通に友達といっしょに遊んでいたおままごと。

けれども、大きくなるにつれ、おままごとをいっしょに遊んでくれる友達はいなくなってしまいます。

仕方なく吉田さんは一人でおままごとをやり続けました

つまり、一人芝居です!

吉田さんは、女優としての片鱗をこの頃から見せていたのですね!

学校でもおままごとをすることが辞められず、トイレにこもって一人で何役も演じて楽しんでいたと言います。

当時は「1人の男子を巡ってバトルする女子2人」などの役を演じていました。

吉田さんは、おままごとを続けた理由を「自分ではない、誰かになりたかった」と語り、中学校時代の自分を振り返っています。

吉田さんは、このおままごとを中学1年生まで続けていました

吉田羊の出身高校は?

高校生になった吉田羊さんは、私立の「久留米信愛女学院高校」へ進学します。

歌手の松田聖子さんの出身校としても知られている同校。

久留米市内ではキリスト教・プロテスタント系のお嬢様高校として有名な学校です。

吉田さんは、父親がプロテスタント教会の牧師であることもあり、この久留米信愛女学院高校へ進学したのだと思われます。

一人で過ごすことが多く、暗い印象だった吉田羊さんの小・中学校時代。

しかし、高校入学を機に、これまでとは真逆とも言える高校時代を送ることになります!

吉田羊が高校時代応援団長でファンクラブも!

「ごく普通の女子高生」だったと高校時代を振り返る吉田羊さん。

しかし、あることがきっかけで周りの環境が大きく変わります。

そのきっかけは、高校3年生の時の体育祭において応援団の団長を務めたことでした。

そのときの画像がこちら!

今と全然変わらないどころか、むしろイケメンですね!

女の子ばかりの女子校で、女子生徒でもこんなにイケメンだったらモテそうです!

実際、応援団長の学ラン姿のかっこよさから、後輩の間でファンクラブが結成されています。

呼び止められ振り返れば「キャー!」と黄色い歓声を浴びるなんてことは序の口。

通学のために乗っていた自転車に頬ずりするほどの熱狂的ファンもいました!

さすがにこのエピソードには苦笑していた吉田さん。

けれど、

「そのときの喜びが女優業を選ぶ原体験になったのかも」

とも語っています。

まだ素人だった高校時代から、アイドル並みの人気があったなんてスゴいです!

この高校時代の、周りから注目され評価されたという経験が、現在女優として大活躍する吉田さんの原型となっているのですね。

高校時代の卒アル写真!本名も判明!

校内でファンクラブができるほどの人気を誇っていた高校時代の吉田羊さん。

ネットには、そんな高校時代の卒業アルバムの写真が流出しています。

その卒アル写真がこちら!

高校時代ですので今から30年近く前のお姿ですが、今のお姿と比較しても全然お変わりありませんね!

そして注目は、卒アル写真の下に書いてある名前です。

吉田羊さんの本名は「吉田羊右子(ようこ)」といいます。

かつて本名で活動していた時期もあるので、ご存じだった方もいると思います。

この珍しい「羊右子」という名前は、キリスト教の牧師である父親が付けたものです。

キリスト教で羊は「あらゆる人から愛され、守られる存在」と定義されています。

また、右側は「良い行いをした人」を分ける方向とされています。

そのことをふまえ、いろんな人から愛され、慈しまれて守ってもらえる良い人に育って欲しい、という思いから「羊右子」と名付けられました。

今の芸名「吉田羊」に変えた理由は「そのほうが左右対称で縁起が良いから」と勧められたからです。

「羊右子」は、父親が深い愛情と願いを込めた素晴らしい名前だったのですね!

あだ名は「ひかり」の由来は?

高校時代の吉田羊さんは、なぜか周りから「ひかり」というあだ名で呼ばれていました。

卒アル写真から判明した本名「吉田羊右子」だと、普通は「ようちゃん」などといったあだ名になりそうですが・・・。

なぜ、名前に一切関係ない「ひかり」という名前になったのでしょう?

その理由は、新幹線「ひかり」にありました!

鼻筋が通り、日本人離れして鼻が高い吉田羊さん。

その横顔が新幹線「ひかり」に似ていたため、「ひかり」というあだ名で呼ばれていたのです!

理由が全くの想定外で、ビックリしました!

整形疑惑が浮上するほど高くてキレイな鼻をお持ちの吉田さん。

まさか、その高い鼻から「ひかり」とあだ名が付けられるなんて思いませんでした!

吉田羊の出身大学は?

地元の私立女子高校を卒業した吉田羊さん。

しかし、すぐには大学へ進学しませんでした

高校卒業後、石川県金沢市に住む姉を頼りカフェでアルバイトをしていた時期を経て、大学へ進学します。

出身大学は公表されてはいません

けれども、いくつかの情報から東京の私立「桜美林大学」と判明しています。

吉田さんはかつて自身のブログにおいて、

「どきどきキャンプのジャックバウアーじゃない方は大学の後輩ですねん。佐藤くん。応援よろしく。」

と、コメントを残しています。

このお笑いコンビ・どきどきキャンプの佐藤満春さんが、過去に「桜美林大学文学部出身」と発言されています。

さらに、出演したバラエティ番組で、

「多摩南部のキリスト教系の大学」
「栃木県を代表する漫才コンビ(U字工事)の出身大学」

と、話していることからも、出身大学が「桜美林大学」であることはほぼ確定的です。

出身学部や専攻は分かりませんでした。

桜美林大学での大学時代に女優の道を志した吉田羊さん。

経験もなく突然飛び込んだ小劇場の世界で徐々に頭角を現していき、現在の活躍に至ります。

まとめ

ここまで、吉田羊さんの小学校~大学までの学生時代についてお伝えして参りました!

ぬいぐるみが話し相手だった小学生時代、トイレで一人おままごとをしていた中学時代を経て、高校では応援団長を務めファンクラブができるほど同性からモテモテだった時代を経験します。

高校時代の卒アル写真から本名が「吉田羊右子(ようこ)」と判明!

さらに、大学はご自身のブログや過去の発言から「桜美林大学」であることが分かっています。

ドラマ「まだ結婚できない男」への出演など今年も出演作が目白押しでしたが、この先もいろいろな作品で吉田羊さんの演技が見られることを期待しています!