寛一郎

寛一郎の父親は佐藤浩市!祖父もスゴイ三世俳優だった!

新進気鋭の若手俳優として今大注目を受ける寛一郎さん。

父親がベテラン俳優・佐藤浩市さんである、二世俳優としても話題です。

そんな寛一郎さん、祖父があの有名大物俳優でもある三世俳優でもあったのです!

その祖父とは誰?さらに、母親も女優だった?

などなど、寛一郎さんと父親・佐藤浩市さんとのご関係についても、詳しくお伝えしていきます!

寛一郎プロフィール

寛 一 郎
(かんいちろう)
本名 佐藤寛一郎
生年月日 1996年8月16日
年齢 23才(2019年10月現在)
身長 181㎝
血液型 A型

寛一郎の父親は佐藤浩市!

寛一郎さんの父親はベテラン俳優としておなじみの佐藤浩市さんです。

佐藤浩市さんは、まだ専門学生だった1980年にNHKのドラマで俳優デビューを果たし、その後数々のドラマ・映画で活動を続ける大物俳優です。

これまでに日本アカデミー賞で最優秀男優賞を主演・助演どちらも獲得されるなど、日本映画界きっての実力派として活躍。

佐藤浩市さんの息子さんということで、演技の才能はバッチリ受け継いでいるようですね。

続いては、寛一郎さんの祖父についてご紹介します!

寛一郎の祖父は大物俳優・三國連太郎

寛一郎さんの祖父は俳優の三國連太郎さんです。

三國連太郎さんと言えば、昭和の日本映画を代表する映画スターの一人

圧倒的な存在感と演技力の高さから、生涯で180本あまりの映画に出演されました。

その中で最も有名なのが「釣りバカ日誌」シリーズです。

この「釣りバカ日誌」で演じた鈴木社長こと「スーさん」役は多くのファンから愛され、映画シリーズは20年を超える大ヒットとなりました。

長年、日本映画界を牽引してきた三國連太郎さんは、2013年4月14日、90才で亡くなられています

祖父である三國連太郎さんにとって、孫の寛一郎さんはとても大切な存在でした。

息子・佐藤浩市さんが幼い頃に家出・離婚したことが原因で長年確執があった親子関係も、寛一郎さんが生まれたことで徐々に和解

寛一郎さんの誕生日や学校の運動会に足を運ぶこともありました。

2018年のインタビューで寛一郎さんは、三国さんのことを「おじいちゃん」ではなく「れんちゃん」と呼んでいた、と語っています。

三国さんは、孫の寛一郎さんのことをとても可愛がっていたのでしょうね。

寛一郎の母親は舞台女優!

寛一郎さんの母親、つまり佐藤浩市さんの奥様は広田亜矢子さんという方です。

顔立ちが整った美人ですね!

結婚を機に引退されましたが、もともとは舞台女優をされていました。

広田亜矢子さんは、タレントの広田レオナさんのいとこでもあります。

1993年に佐藤浩市さんと結婚し、その3年後1996年に寛一郎さんを出産。

義父である三國連太郎さんの葬儀では、そのお姿を確認することもできました。

葬儀ということもあり沈痛な表情をされていますが、結婚式の時の写真と変わらずお綺麗な方ですね。

そんな亜矢子さんは多忙な夫に変わり、佐藤浩市さんの母親、つまり義母の介護を10年以上も続けていらっしゃいます。

佐藤浩市さんの母親は、2008年夏に脳梗塞となり、介護が必要な身となってしまいました。

母親と長年音信不通状態だった佐藤浩市さんですが、このときばかりは放っておくことができませんでした。

母親を家に引き取りたいとの相談したところ、亜矢子さんは了承。

それ以来、付きっきりで義母の介護をされています。

献身的な方ですね!

きっと、寛一郎さんにとっても良い母親なのでしょう!

寛一郎は父親に似てる?

佐藤浩市さんという偉大な父親を持つ寛一郎さん。

ネットでは「父親と似ていない」と言われていることが多い印象です。

実際はどうなのか、父親・佐藤浩市さんの若い頃と比較してみましょう!

【佐藤浩市・若い頃】

【寛一郎・現在】


・・・微妙ですね。

目や輪郭など顔のパーツは似ているのですが、全体的にはあまり似ていない気がします。

雰囲気の問題でしょうか?

寛一郎さんはさわやかな今時の青年といった感じですが、佐藤浩市さんはワイルドで男らしい印象を受けます。

現在の寛一郎さんと佐藤浩市さんの若い頃は、「そっくり!」と言えるほど、似てはいないと感じました。

しかし、寛一郎さんも年を重ねたら、父親そっくりのダンディーな俳優さんになるかもしれませんね!

寛一郎が役者を志すきっかけは?

祖父・父ともに俳優という芸能一家に生まれ育った寛一郎さん。

そんな寛一郎さんが役者になろうと思ったきっかけとは、どんなものだったのでしょう?

幼い頃の寛一郎さんは、俳優には「絶対になりたくない」と思っていました。

2017年のインタビューでは、

「父も祖父も役者だったので、自分にとって一番近い仕事だったんです。だからこそ苦労も見えてしまいますし、親への反発心もあった気がします。」

と、語っています。

しかし、

「でも、思春期を越えて成長していく中で、役者という職業に興味を持ち始めたんです」

と、年とともに父や祖父の姿に憧れを抱くように。

役者という仕事に興味を持ち始めた頃、寛一郎さんに転機が訪れます。

きっかけは、祖父・三國連太郎さんの葬儀でのことでした。

葬儀に参列した映画関係者から役者の世界へスカウトされたのです!

独特な雰囲気を持つイケメンの寛一郎さんです。

目の肥えた業界人の目にも、魅力的に映ったのでしょう。

父親の佐藤浩市さんは、寛一郎さんが俳優になりたいと告げたとき

「そうか。」

と、たった一言だけ、言葉を返しました。

その「そうか。」には、いろいろな意味が込められていそうですね。

佐藤浩市さんが出演した作品は全てチェックするなど、役者としても父親を尊敬していると語る寛一郎さん。

佐藤浩市さんとの親子共演の日も、そう遠い話ではないでしょう。

その日が楽しみですね!

寛一郎と父・佐藤浩市との関係は?

父親・佐藤浩市さんと同じ役者の道を歩み始めた寛一郎さん。

役者同士の親子であるお二人の関係はどのようなものなのでしょう?

佐藤浩市さんは、先日公開した映画「記憶にございません」の宣伝のため、バラエティー番組「ボクらの時代」出演。

その際、寛一郎さんの出演映画をスクリーンで見たことを告白されています。

しかし、「父親」としてではなく「プロ」としての視点で観てしまう、とも語りました。

また、同じ番組に出演した映画監督・三谷幸喜さんから「(寛一郎さんに対して)ダメ出しはするのか」と、問われ、すぐさま否定しています。

その理由として、

「俺は言う側、言われる側、両方の気持ちが分かるから。そういう立場なので、言って良いこと悪いことがある。お芝居のことに対しては、あまり言わないです。」

と話されました。

寛一郎さんも、佐藤浩市さんは「(良い演技をしても)褒めてくれるような、普通の父親じゃない」と語っています。

「言葉ではうまく言い表せない関係なんです。」

と、プロの役者同士という、普通の親子関係ではないからこそ難しい立場であることを明かされました。

しかし、佐藤浩市さんはわざわざ寛一郎さんの映画を見に行き、寛一郎さんは佐藤浩市さんの映画を全て見ていると話しています。

お互いに役者として敬意を表しているからこその距離感なのでしょうね!

まとめ

注目の若手俳優・寛一郎さんの父親は俳優の佐藤浩市さん、祖父は三國連太郎さんでした。

今は引退されて家庭を守っていらっしゃいますが、寛一郎さんの母親・広田亜矢子さんもかつては女優をされていました。

祖父の葬儀の際に映画関係者から声をかけられ役者を志した寛一郎さん。

父親の佐藤浩市さんも、陰ながら息子の俳優活動を応援されているようでした。

木村拓哉さんが主演を務めることで話題の日曜劇場「グランメゾン東京」に出演する寛一郎さん。

これからの活躍に期待大ですね!