綾野剛

綾野剛の高校や卒アル画像!学生時代に両親の離婚で環境が激変!

「カメレオン俳優」「塩顔男子」など様々なあだ名をもち、大ブレイク中の綾野剛さん。

そんな綾野さんの高校時代の卒アル写真が出回っているようで、学生時代のお顔が気になりますね!

果たして昔からイケメンだったのか、後ほど画像も公開します!

また、幼い頃に両親が離婚し、孤独な幼少期を過ごしていたようです。

果たして、そこからどのような理由で芸能界に入ることになったかなども見ていきましょう!

綾野剛の中学時代は陸上部

綾野剛さんは、中学時代は陸上部に所属していました。

種目は、中距離の800mで岐阜県大会では優勝したこともある実力の持ち主なのです。

芸能人で足が速いと、ドラマや映画で走る姿も様になってかっこいいよな~なんて思っていたら、やはり綾野剛さんも走っていました!

映画「奈緒子」で、駅伝を走る役で、ご自身の陸上部の経験を活かし、かなりリアリティのある演技をされています!

イケメンで、運動神経抜群でまさに言うことなしですね。

中学時代はモデルも意識!

綾野剛さんは、あれだけのイケメンだったので、中学時代から目立った存在でした!

生徒会や、応援団など、学校の目立つ活動にも積極的に参加していました。

いかにもモテていそうな綾野さんの学生時代ですが・・・当時の同級生が インタビューでこう語っています。

「背も伸びて、髪も伸ばして、目立ちたいと思うようになったのもこのころです。生徒会役員や運動会の応援団などをしていましたし、モデルになりたいと言うようになりました。でも彼女はできなかった。当時、恋愛面はまったくダメでした(笑)」

どうやら綾野さん、モテないイケメンだったようですね。

女性たちはいったい何を見ていたのでしょう!

しかし、同級生のインタビューでもあるように、この頃からモデルになりたいとおもっていたんですね!

また、卒業文集では、綾野剛さんだけ独特の感性を発揮していたようです!

タイトルは、「地獄を愛する覚悟があるか」。

これは、ナイキのCMで使われていたフレーズです!

きっと、何か感銘を受けるものがあったのでしょうが、綾野さんが使うとより一層深みのある言葉に聞こえますね!

この頃から、周りとはひと味もふた味も違う個性を発揮していたのでしょう。

綾野剛の出身高校や偏差値は?

高校は、岐阜県内にある関市立関商工高等学校へ進学されています!

偏差値は、45~46ということで、少し低めでしょうか。

「工業科」と「商業科」があって、綾野剛さんが在籍していたのは工業科です。

この関商工高等学校は、プロサッカー選手や、陸上選手も輩出しており、かなり運動に力をいれている高校です!

勉強というよりは、部活が盛んで、運動に自信がある子達が集まるスポーツ校だったみたいです。

運動神経抜群の綾野剛さんにはピッタリの高校だったんですね。

綾野剛の卒アル画像!本名も判明

やっぱり芸能人の卒アル写真って気になりますよね!

昔からイケメンなのかどうなのか、、、。

「画像:綾野剛 卒アル 本名」

はい、昔からイケメンですね!

眉毛が細く、髪型も少しワイルドな感じで、いかにも学年の目立つグループにいそうな感じです!

写真にもあるように、「綾野剛」というのは芸名で、本名は「川井剛」さんというようです。

読み方は、「かわい つよし」です。

『綾野』という芸名は、お母さんの旧姓だという噂もあります!

これが本当なら、お母さんにとってはこの上ない喜びでしょうね。

綾野剛は陸上部のスーパースター!?

そして、走りに自信のあった綾野さんは、高校でも陸上部に入部します!

高校駅伝大会のメンバーにも選ばれています。

高校時代もかなりの好記録を残しており、800mのタイムが1分57秒71というタイムです!!

実はインターハイの800mの標準記録が1分55秒とされているので、綾野さんはインターハイにも出場してもおかしくないタイムを残していたのです。

当時は、箱根駅伝の選手になりたいという夢を持っていたそうで、本当に走ることが大好きだったことが分かりますね。

そして、綾野剛さんの出身高校には、1個下にグラビアアイドルの熊田曜子さんも在籍していました。

当時、熊田曜子さんは体重が60キロ以上あり、男子から「ブタゴリラ」と呼ばれていたそうです。

そんな中、傷ついて自信がない熊田さんを変えるきっかけになったのは、同じ高校の綾野さんの存在だったと明かしています。

「剛先輩は同じ高校。陸上部でカッコ良くて運動もできた。スーパースターでした。次元が違いすぎて雲の上の存在。ちゃんとしなきゃと思った」

と語っています。

この熊田さんのお話しからも、当時綾野さんがどれだけ目立つ存在だったのかが分かります!

同じ学校を卒業した2人が今ではこんなに有名になっているなんて、同級生や先生方からしたら自慢したくなっちゃいますね!

綾野剛の父親の会社が破産!両親は離婚

そんな一見、華やかで目立つ学生生活を送ってきた綾野さんですが、中学生の時に、お父さんが経営していた衣料関係の会社が倒産してしまいます。。

自宅を差し押さえられてしまい、引っ越しを余儀なくされてしまいます。

そして、高校になった頃に両親が離婚し、ここから綾野さんは母親と2人暮らしをすることになったのです。

金銭的にもとても苦しい家庭環境が原因で、高校2年生の時に陸上部を辞めています

才能もあり、あれだけ走ることが好きだった綾野さんですから、周囲は猛反対しました。

しかし、綾野さんは周りの意見は聞き入れず、「退部」を決意したのです。

きっと、お母さんに負担をかけたくないという気持ちが強かったのだと思います。

こんなに優しい綾野さんを育てたお母様もきっと素敵な方なのでしょうね。

綾野剛が高校卒業後に上京!

そして、綾野剛さんは高校卒業後、ついに上京します!

この理由がまた面白いんですよね。

天気予報の定点カメラに映る渋谷スクランブル交差点を見て、

「あっ、ここに行かなきゃ、ここの真ん中に立たなきゃ」

と思ったのだそうです!


そして、驚くことはまだあります。

なんとヒッチハイクで上京したのです!

きっと、このとき綾野剛さんを乗せてきた運転手さんはか「まさかあの青年が!」と思っているに違いないでしょう、、。

上京したものの、これといった何かはなく、音楽をしたりふらふらしながらアルバイト生活をしていました。

当時は、ヘアモデルとしても活躍していた綾野さん。

食事は「もやしだけ」なんてこともしょっちゅうあったと語っていることから当時はお金に苦労していたのでしょう。。

きっと、仕送りなどはなかったでしょうからね。

そしてそんな時期にスカウトされ、見事芸能界デビューを果たしたのです!

この芸能界デビューをお母さんが誰よりも喜んでくれたようで、その姿が綾野さんにとってのいちばんの喜びだと語っています。

素敵な親子関係ですね!

「仮面ライダー555」で役者を志すきっかけに!

そんな綾野剛さんのデビュー作は2003年に放送していた「仮面ライダー555(ファイズ)」でした!

といっても、仮面ライダーではなく、的である怪人「オルフェノク」役でした。

当時の綾野剛さんは俳優業を小遣い稼ぎとナメていた為、撮影現場で石田監督に幾度もダメだしを受けていたことを明かしています。

今の役作りにひたむきな綾野剛さんからは考えられないですよね!

30秒もないシーンを23テイクまで撮り直し、その間、なぜこんなに何度もやり直さないといけないのか、恥をかかされないといけないのか、と心の中で思っていたそうです。

そして、やっと23テイク目でOKが出たとき、違った感情が生まれました。

今までそんなに真正面からぶつかってきてくれる大人はなかなかいなかったのでしょう。

「生意気な若者に対し、大人が胸ぐらをつかんで逃がしてくれなかったことが素直にうれしかった」

と語っています。

この経験が、本格的に役者の道を志すきっかけとなりました。
また、石田監督についてのインタビューでは、下記のように語っています。

石田さんへの恩返しがあるならば、それは「生きているということ」だと思います。とても、とても、単純な意味で。いい芝居をするだとか、賞をいただくということよりも、監督が生きている間、ずっと僕が生きているところを見せる。監督より先には死なない。見てもらうために生き続ける。それしかないのかなと。

綾野剛さんにとって、石田監督の存在がどれだけ大きかったかが分かりますよね。

まさに、デビュー作で「恩人」となる人と運命的な出会いを果たしたのです!

そう考えると、綾野剛さんのデビュー作がもし違う作品だったら、今の彼はなかったかもしれないですね。

まとめ

綾野剛さんの高校や卒アル画像について調べてみましたが、やはり昔から別格のイケメンでした!

出身高校は、岐阜県内にある「関市立関商工高等学校」でした。

そして、昔からとても目立つ存在で、所属していた陸上部では輝かしい記録も残していました!

両親の離婚によって、家を差し押さえられてしまったり、陸上部を退部したりと過酷な時期もありました。

しかし、そんなさまざまな経験が綾野さんの演技の幅を広げてくれているのではないかと思います!

今後はどんな役柄を演じてくれるのか楽しみですね!