間宮祥太朗

間宮祥太朗が始球式で芸能人最速139km!野球歴や辞めた理由は?

現在放送中のドラマで主演を務め、さらにCM・映画にも引っ張りだこの俳優・間宮祥太朗さん。

始球式で芸能人最速の時速139㎞を出したことでも話題になりました。

野球経験がある間宮さんですが、野球を辞めた理由とはいったいどのようなものだったのでしょう?

野球をやっていた頃のポジションや憧れの選手もあわせてお伝えしていきます!

間宮祥太朗が始球式で芸能人最速139km達成!

間宮祥太朗さんが始球式に臨んだのは、今年の7月23日に甲子園球場で行われた「阪神vsDeNA」戦でした。

この日間宮さんは、自身の主演ドラマ「べしゃりぐらし」の宣伝のため、役の衣装である学生服姿でグラウンドに登場しました。

始球式で人気芸能人が登場するのはよくあることですね。

しかし、間宮さんにとって、この始球式は他の芸能人たちとは思い入れが桁違いだったようです。

投球は学ランを脱ぎ、阪神タイガースのユニフォームになって行われました。

阪神タイガースは、間宮さんにとって子供の頃からの憧れ

気合い十分にマウンドに上がった間宮さんは、野球経験者らしい鮮やかなフォームで渾身の一投を投げました。

気合いの入った本気の投球、その球速はなんと時速139㎞

これには、試合開始を待つ客席からも思わずどよめきが上がりました。

この記録によって間宮さんは、昨年6月27日にゴールデンボンバーのメンバー・樽美酒研二が始球式で打ち立てた時速135㎞を上回る時速139㎞で、芸能人最速を更新したのです。

また、高校時代まで野球をやっていたというGENERATIONSの関口メンディーの時速133㎞の記録をもしのぐ結果でした。

芸能人最速の記録を更新するなんて、ただ者じゃなさそうですね。

球速139㎞を出した間宮さんは、どんな野球経験をお持ちなんでしょう?

間宮祥太朗の野球経験やポジションは?

間宮祥太朗さんが野球をやっていたのは、小学校1年生から中学2年生まで。

 

8年間の野球経験をお持ちで、ポジションはピッチャーでした。

 

どうりであんなスゴイ球がげられるはずですね!

ピッチャーと言えば野球の花形。

学生時代からさぞやモテモテだったのでしょうね。

ちなみに、間宮さんによって記録を破られてしまった樽美酒さんや関口さんは、高校時代まで野球をやられていたそう。

中学時代で野球を辞めてしまった間宮さんがそのお二人の記録を上回るというのは、とてもスゴイことなのではないでしょうか?

阪神タイガースの大ファンで、好きな選手は金本知憲元選手という間宮さん。

 

ご自宅には金本選手のフィギュアが今でも大切に飾られているそうです。

金本さんといえば、2016年から2018年まで阪神タイガースの監督も務められていましたね。

憧れの選手が大好きなチームの監督に就任するなんて、間宮さんも嬉しかったでしょうね!

間宮祥太朗が野球を辞めた理由は?

阪神タイガースが好きな野球少年だった間宮祥太朗さん。

なぜ、中学2年生という中途半端な時期に野球を辞めた理由とは一体どのような物だったのでしょう?

小学校時代から野球に打ち込んでいた間宮さんは、中学では「レベルの高い環境で野球がやりたい!」という思いから中学受験をします。

進学したのは、「法政第二中学校」という私立の男子校。

間宮さんは中学校に入学してからも、もちろん野球を続けました。

しかし、ある日ふと「(他の同級生たちと比べると)野球に対する情熱が足りない」ということに気付いてしまいました。

同じピッチャーというポジションでありながら、自分よりもはるかに熱心に野球に取り組む同級生の姿を見て、意識の違いをはっきりと思い知らされたのです。

モチベーションの違いを感じた間宮さんは、部活とともに8年間続けた野球も辞めてしまいました

辞めた理由が「熱意が足りなかった」というのはなんだかもったいないような気がしますね。

ですが、始球式で見せた剛速球を見る限り、8年間の野球経験は無駄ではなかったようですね!

野球を辞めてモデルへ転身

ずっと打ち込んでいた野球を辞めた間宮祥太朗さん。

あるインタビューではこのときの心境を、

「ぽっかり胸に穴が開いたような気分」

と、語っています。

そんな間宮さんの転機となったのは、芸能活動を始めたことでした。

中学生向けファッション雑誌「Hana*chu→」で読者モデルとしてデビュー。

中学生時代から始めたこのモデル活動で、間宮さんは「スマイル王子」と呼ばれ、特集が組まれるほど大人気でした。

この読者モデルとしての活動が、野球に代わって打ち込める対象となったのでしょうね。

高校時代は学業と俳優業の両立!偏差値もすごい!

中学時代に芸能活動をスタートさせた間宮祥太朗さん。

通っていた法政第二中学校は中高一貫校だったので、内部進学をすることも可能でした。

しかし、間宮さんは別の高校を受験し、見事「神奈川県立神奈川総合高等学校」に進学されます。

この県立神奈川総合高校、偏差値は「66」(2019年現在)と、神奈川県内でも有数の進学校です。

県立神奈川総合高校の特徴は、高校では珍しい「単位制」の普通科高校であるということ。

単位制なら、必要な単位さえ取れば卒業できるため、「芸能活動との両立を考えてこの学校に進学したのでは?」とも言われています。

高校時代は、バンドを組み曲作りも行うなど音楽漬けの日々を送っていた間宮さん。

また、ネットで調べると、なぜか「高校を中退した」という情報が!

しかし、そのような事実は確認できませんでしたので、ガセネタのようです。

間宮さんはドラマ「スクラップティーチャー」でドラマ初出演を果たします。

若々しいというか、まだ幼い感じも残っていますね!

このドラマを皮切りに、数多くの作品で必要とされる俳優へと成長していったのですね!

まとめ

周囲との野球に対する熱量のギャップを感じたことが、間宮さんが野球を辞めた理由でした。

始球式で見せた時速139㎞の素晴らしい投球を見る限り、野球の才能は十分にあったはずなので、辞めてしまったのはもったいない気がします。

しかし、野球は失いましたが、俳優という天職を得ることができました。

現在放送中のドラマ「べしゃりぐらし」で主演を務めている間宮祥太朗さん。

これからも幅広い役柄で、さまざまは表情を見せてくれることでしょう!