中村倫也

中村倫也の高校は?学生時代に6回告白して振られた過去も!?

話題沸騰中のドラマ「凪のお暇」でメンヘラ製造機として独特な演技を見せている中村倫也さん。

そんな人気急上昇中の中村倫也さんの出身高校や偏差値など気になりますよね。

また中村さんは、学生時代になんと6回告白して振られた過去も告白しています。

それでは早速、中村倫也さんの出身高校と甘酸っぱい学生時代のエピソード・・・。

さらには少年時代に熱中したサッカーについてもお送りしてきます。

中村倫也の小中学校時代はサッカー少年!

こちらは小学校時代の中村倫也さん。

ドラマで見るおっとりした表情とは異なり、闘争心あふれる「キリっと」した表情の倫也さん。

中村倫也さんは小学校3,4年生からサッカーをはじめました

将来の夢はサッカー選手になりたい!と思うほどサッカーに熱中したスポーツ少年でした。

中学・高校とサッカーを続けるほど四六時中サッカーに明け暮れた日々を過ごしました。

現在のクールでミステリアスなイメージとは違って、スポーツで汗を流していた少年時代があったとは全く想像がつかないですね。

中学時代には初彼女をゲット!

中学時代から今と変わらず甘いマスクの中村倫也さん。

きっと当時も女子からの人気は凄かったんでしょうね。

テレビのトーク番組に出演したときに初めて付き合った彼女とのきっかけなどを語っています。

初めて彼女が出来た中学2年の合宿で長野県にいったときのエピソードを紹介します。

恋のきっかけは・・・夜、お風呂上りに気になる女の子の髪が少し濡れておりそれを見た瞬間に訪れました。

ふだんから、その女の子のことを

「かわいい子だな」

と思っていたので濡れた髪の姿を見てドキドキしてしまい居ても立っても居られない気持ちから、その女の子に対し・・・

 次の日、戻ってきてサッカーの練習に行った帰り道に公衆電話から電話をかけて、ほとんどしゃべったことはなかったんですけど、“好きだから付き合ってくれ”って言った

この告白の結果、彼女からOKをもらい付き合いはじめました。

初々しいエピソードですね。

お風呂上りに髪の毛が濡れている非日常の姿から恋心が芽生えてしまうなんてことがあるんですね。

中村倫也の高校や偏差値は?

中村倫也さんが進学高校は、東京都世田谷区にある「国士舘高校」です。

偏差値は「50~54」とされています。

小中学校でサッカーに明け暮れていた中村さんは、高校進学後もサッカー部に入部しました。

ちなみに国士館高校は全国でも屈指の強豪校として有名でした。

サッカー部を辞めた理由は?

あんなにサッカーが大好きだった中村倫也さんが高校に入って間もなくサッカー部を退部しました。

気になるサッカー部を辞めた理由ですが、

「試合に出るためのレギュラー争いが気持ち的に耐えられずに自分は勝ち負けではなく楽しくサッカーをしたいという気持ちが強かった」

こんな気持ちからサッカーを辞めるという苦渋の決断をしました。

きっとサッカーを好きだからこそ辞めるという道を選んだんですね。

高校時代に芸能界デビューの意外なきっかけ

高校1年生の時に所属事務所からスカウトを受けて、所属事務所の養成所Artist ☆Artistにて演技を学びました。

スカウトのきっかけとなったのは高校時代のクラスの集合写真でした。

当時の同級生の知り合いが現在の所属事務所の方と知り合いで、写真を見た事務所の方が中村倫也さんを芸能界へ誘いました。

高校時代から光るものがあったんでしょうね。

高3で「H2~君といた日々」ドラマデビュー

2005年1月13日~放送のドラマ「H2~君といた日々」中村倫也さんはデビューしたての初のドラマ出演でした。

原作「H2」は高校野球をテーマにした野球漫画で漫画家「あだち充」さんの作品です。

中村倫也さんが演じた「島オサム」とはどんな役だったのでしょうか。

千川高校2年生で、チームトップクラスの俊足

中学生時代は陸上部に在籍していたが度重なる怪我などを負うことから陸上を辞め野球に転向しました。

クールで不器用な役柄が中村倫也さんにピッタリでしたね。

当時は18歳だったということもあり、フレッシュな少年を演じていました。

現在のミステリアスなメージの役どころとは違いますね。

中村倫也が高校時代に6回告白して失恋?

なんと一人の女性に6回も告白した過去があるそうです。

10月20日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)に出演の際、同じ女の子に対して半年ぐらいの間に6回も告白をしたことを暴露しました。

なんと早いときは振られた後もたった1週間後にまた『好きだ!』と告白したエピソードを語っていました。

女の子のことがどれほど好きだったのか伺えますね。

しかし6回告白したけれど、結果成就はしませんでした

当時のエピソードがこちらになります。

 「高1入学から秋に文化祭があるんですけど、文化祭でみんなハシャぐじゃないですか、お祭りなんで。下校時刻ですよって時に、あいつそういえばどこにいるんだろうなぁ?って無意識に目で探してて。教室の後ろの窓側に、嘘みたいに綺麗な夕日の中、揺れるカーテンの中、別の男とニコニコしながら喋ってるそいつがいたんですよ。それを見て、あっダメなんだな…って気付いて」と振り返り、「そのまま教室のドアを閉めて帰りました」

6回も告白した相手が自分には見せない笑顔で他の男の子と喋っているところを見てしまったら、さすがに諦めてしまう・・・切ない失恋でした。

中村倫也は大学に進学した?

高校を卒業して進学したのは、日本大学芸術学部演劇学科です。

演技を学ぶために日本大学の芸術学部演技学科演技コースに進学しましたが、大学1年生の時にNHKの朝ドラ「風のハルカ」に出演が決まったことから中退しました。

役どころもヒロインの従兄弟という重要なキャストだったことから、長期間大阪での撮影が続くことでドラマに専念するためにやめてしまいました。

まとめ

中村倫也さんの高校や学生時代の恋愛を中心にお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか。

中村倫也さんが通っていた高校は「国士舘高校」で偏差値は「50~54」の高校を卒業していました。

学生時代の恋愛では中学生の頃に初めての彼女が出来るなど、普通の男の子と変わらないところも素敵です。

驚いたエピソードとしては、高校1年生の時に半年の間で6回告白して振られてしまったという事実が判明しました。

現在は「凪のお暇」で更なるブレイクを予感させる中村倫也さんの今後の活躍に注目していきます。