細田佳央太

細田佳央太の読み方は?プロフィールや出演作品まとめ!

2019年公開の映画「町田くんの世界」で主演を務める細田佳央太さん。

ドラマで亀梨和也さんの高校生時代を演じたことでも注目されました。

今回はそんな細田さんの名前の読み方やプロフィールなどに迫っていきます。

また、今までの出演作品を振り返り、細田さんの活躍の秘密について詳しく見ていきたいと思います。

また気になるデビューのきっかけや細田さんの性格についてもお伝えしていきますので、ご期待下さいね!

では早速参りましょう。

細田佳央太が「町田くんの世界」主役に抜擢

細田佳央太さんは、2019年6月公開の映画「町田くんの世界」の主演に抜擢されました。

応募者が1000人を超えるオーデションにはすべて石井裕也監督が立ち会いました。

石井監督は

「偶発的な面白さが超新人抜擢にある」

と語り、演技経験の少ない細田さんやヒロイン役の関水渚さんを選出しました。

細田さんについては、

「一人だけ異彩を放っていて、理屈でも経験でもない、作品に人生を捧げられる人だと感じました」

と石井監督は絶賛。

まだオーディション時には16歳だった

「細田さんと組めば間違いない」

と監督は直感的に思ったのだとか。

細田さん自身は主演について不安や心配も大きかったそうですが、撮影が始まると楽しいことが多く

「体力的にきつくても、お芝居がこんなにも楽しいなんて」

という気持ちだったとインタビューで語っていました。

映画「町田くんの世界」は共演に岩田剛典さん、前田敦子さん、高畑充希さん、太賀さん、池松壮亮さんと主役級のメンバーがそろい踏み。

岩田さんや太賀さんらは新人2人の芝居をめちゃくちゃにしてくれなどと監督から依頼されました。

細田さんはたくさんの実力派の先輩達に囲まれて、役者として刺激を受けたのではないでしょうか。

細田佳央太の読み方は?本名なの?

細田佳央太さんの読み方は「ほそだ かなた」と読みます。

なかなか珍しい名前ですよね。

芸名なのかと思いきや、子役時代からこの名前で活躍しているので「本名」の可能性が高いと考えられます。

名前の漢字が変わっているのでインパクトがあり、芸名としても良いと事務所が判断したのかもしれませんね!

また細田さんの所属するアミューズはアーティストも多く所属し、本名で活躍している方も多い事務所なので、その辺りも関係があるのではないかと思います。

細田佳央太のデビューのきっかけは?

細田佳央太さんのデビューのきっかけは、小学校2年生の時にテレビを見ていたときのことです。

自分もテレビに出たいと考え、お母さんに相談し事務所に履歴書を送りました

最初は、小学生の雑誌「小学三年生・小学四年生」から仕事を始めます。

そして、「読売KODOMO新聞」などにも登場し少しずつ活躍の場を広げていきます。

細田さんはストレス解消法として「家族と話す」を挙げていますので、芸能界に入る時もご家族と色々話したりして決めたのかもしれませんね。

細田佳央太は子役出身!子役時代の作品は?

細田佳央太さんは「子役出身」です。

デビュー後、MVやCMなどで少し映像の仕事を経験したのち、2014年の映画「映画で映画館落語 かもめ亭シリーズ もういちど 家族落語」で映画初出演

まだかわいらしい感じですね!

細田さんは次の項でもご紹介していきますが、子役時代は登場人物の幼少期などを熱演。

中学3年生から高校1年生の時に、「演技のダメ出し」を受けました。

その時に細田さんは「もっとやりたい」とめげるどころか、役者への情熱を新たにしたのだとか。

こういう前向きな姿勢が、のちの映画「町田くんの世界」で主役を射止めることにつながっているのではないかと思います。

細田佳央太の出演作品は?

細田佳央太さんは高校生になると、ゴールデンタイムのドラマなどにも続々出演を果たします。

2017年のドラマ「先に生まれただけの僕」では主演の櫻井翔さんが校長を務める京明館高等学校1年の生徒役を演じました。

上の動画を見る限りまだ幼い感じで、初々しい印象ですね!

2018年にはドラマ「FINAL CUT 」で主演の亀梨和也さんの高校生時代を演じました。

作中で毎回、回想シーンがあるので話が進むにつれて、細田さんへの注目が高まりました。

細田さんはリアルに高校生だったので青年っぽさが自然ですね。

目鼻立ちがはっきりしていてきれいな女性的な顔立ちの細田さんなので、色気のある亀梨さんの高校時代役がしっくりきていたのではないかと思います。

2018年~2019年に放送された少女向け特撮ドラマ「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」では、悪役の邪魔彦を熱演。

この作品の監督は「ゼブラーマン」、「十三人の刺客」などでおなじみの三池崇史監督が務めました。

細田さんは上の画像のようにいつも仮面やジャケットを着けており、撮影中に他のキャストが暑がっているような時も、涼しい顔で役に集中していたのだそう。

現場でも明るく、主役のマジョマジョピュアーズの面々からも「素敵な方」だと絶賛されていました。

高校生という多感な時期に学園物から特撮まで様々なジャンルの現場を体験したことは細田さんにとって、すごく刺激になったのではないかと思います。

細田佳央太の高校や大学は?

細田佳中太さんの高校は色々情報を集めてみたのですが、どこの学校に通っているのかというはっきりとした情報は見つけられませんでした

下の画像は中学生時代の細田さん。

この頃から目が大きくてかわいらしい顔立ちですね。

中学・高校共に、「都内の学校」に通っていたのではないかと思います。

また、細田さんは小学校から芸能活動をしていたことから考えると、高校は芸能人御用達の通信制のような学校だった可能性も高いでしょう。

細田さんは現在17歳で「大学進学」についても気になるところですが、進学するという情報もまだなく映画の舞台挨拶などが一段落したら何か動きがあるのかもしれません。

細田さんが憧れている山田孝之さんや三浦春馬さんも子役時代から芸能界に入り大学へは進学していません。

もしかしたら、芸能界の仕事に専念することも視野に入れているのではないでしょうか。

細田佳央太の性格は?

細田佳中太さんの性格は「目立ちたがり屋」です。

「町田くんの世界」の石井監督は、

「今後売れてもチャラ付かないと思って即決しました」

と細田さんについて語っていましたが・・。

細田さんの中学時代はバスケットボールに打ち込み、活発でした。

高校入学後もテンションが高く、男友達と先生に怒られない程度にはしゃいでいるという細田さん。

プライベートでは年相応の元気な高校生なのですね。

「目立ちたがり屋」という性格も、芸能の仕事が向いているといえますし、ここ2~3年で著名なドラマに出演することで、自身の仕事に対する自覚も出てきて段々落ち着いてくるのかもしれませんね。

個人的には子役から活躍していると、変に冷めてしまい同級生などとはしゃいだりしないのかな・・と思っていたので細田さんの高校生らしい一面にほっこりしました。

細田佳央太プロフィール

細田 佳央太
(ほそだ かなた)
生年月日:2001年12月12日
出身:東京都
所属事務所:アミューズ
好きな食べ物:肉・パスタ
特技:剣道・バスケットボール

まとめ

細田佳央太さんの名前は「ほそだ かなた」という読み方でした。

かなり珍しい名前なので印象に残りますね。

プロフィールは、子役時代から活躍し高校時代にかけて少しずつ有名な作品に出演していっていました。

ドラマ「先に生まれただけの僕」では学園ものだったので若手俳優が多く出演していました。

ドラマ「FINAL CUT 」では主演の亀梨和也さんの高校生役を務め、細田さんのイケメンぶりが注目を集めました。

また、ドラマ「マジョマジョピュアーズ」では三池監督の元、特撮の現場を体験

2019年6月公開の映画「町田くんの世界」では「人たらし」と言われるほどについつい人助けをしてしまう町田くん役に挑戦した細田さん。

様々な作品で培ってきたものを、有名俳優との共演の中で一生懸命ぶつけたという今作品。

この作品がきっかけで様々な映画やドラマに細田さんの活躍の場が広がっていくこと間違いなしですね!