三浦春馬

三浦春馬の子役時代の画像がみたい!幼少から売れっ子だった!

2019年7月より放送中のドラマ「TWO WEEKS」で主演を務めている三浦春馬さん。

このドラマのためになんとバイクの中型免許を取ったのだとか!

そんな三浦さんは子役の頃から芸能界で活動しています。

今回は三浦さんの子役時代の画像の公開や、幼少期からの出演作品などをご紹介致します。

たくさん貴重な画像を公開しちゃいますので、お楽しみに!

三浦春馬の幼少期が天使すぎる!

三浦春馬さんは幼少期かなり可愛く、天使すぎるなどと言われています。

当時の画像がこちら!

目がぱっちりでめっちゃかわいいですね!

このかわいさであれば、芸能界の仕事に進んだのが納得といった感じですね!

芸能界に入るきっかけは?

三浦春馬さんが芸能界に入るきっかけは、お母さんが応募して4歳から所属している児童劇団
です。

芸能界のキャリアも20年以上なのですね。

元・子役というと、成長過程でルックスが変化したりなかなか長く活動し続けられる人が少ない中、三浦さんの活躍ぶりは凄いですね。

次項からは子役時代の三浦さんの活動を詳しく振り返っていきます。

【7歳】NHK連続テレビ小説「あぐり」子役デビュー

1997年のNHK連続テレビ小説「あぐり」に出演した時、三浦春馬さんはなんと7歳

睫毛が長くて可愛らしいですね。

ヒロインからもらったおにぎりを無邪気に食べる少年の役を演じています。

【12歳】大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」

三浦春馬さんは12歳で大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」に出演を果たします。

武蔵の最初の弟子、城太郎役を演じました。

三浦さんは、「武蔵」、2006年の「功名が辻」、2017年の「直虎」と今までに3回も大河に出演しています。

「直虎」の制作発表では、

「成人してから大河ドラマにお世話になるのはすごくありがたいこと。子役時代にお世話になった分、この作品に貢献できるよう精進してまいります」

とコメント。

三浦さんは大河の出演を重ねる度にメインどころの役柄になっていっているので、順調に役者としてキャリアを重ねてきていることがわかりますね!

【16歳】映画「キャッチ ア ウェーブ」映画初主演

2006年には映画「キャッチ ア ウェーブ」で映画初主演を果たします。

この時、三浦春馬さんは16歳

まだ子どもっぽさがあって、美少年といった感じですね!

3人の高校生がサーフィンと出会い変わっていく物語で、三浦さんはサーフィン初体験でした。

三浦さんはこの作品でサーフィンにはまり、

「サーフィンを続けていきたい」

と語っていました。

それから12年後の2018年には三浦さんは三浦翔平さんとサーフィンに行き波乗り姿をインスタにアップ

本人は「♯ちょっと変顔」などというハッシュタグを付けていましたが、凜々しい顔で波に乗る姿はかなりサマになっていました。

演じた役がきっかけで自分の引き出しが増えている三浦さんだからこそ、年齢とともに深みのある演技ができるようになってきているのでしょうね。

【16歳】ドラマ「14歳の母」

2006年のドラマ「14歳の母」ではまだ中学生なのに恋人を妊娠させてしまうという難しい役を16歳で演じました

ドラマ自体もかなり話題になりましたね。

三浦さんは、インタビューで「人生の決定打になった出来事」について質問され、

「ドラマ「14才の母」(06)、映画「恋空」(07)を経て、主演が増えたことです。大きな作品を任せられて失敗も反省もたくさんしたけど、それによって役者として大きく成長できたと思います。」

と答えています。

【17歳】映画「恋空」

前項でもふれましたが、2007年には映画「恋空」に出演しています。

三浦さんはヒロインの相手役のヒロという不良少年役を演じる

ため、髪をブリーチし、金髪にしました。

三浦さんが美形だからこそ、この髪型にできたな・・という印象を受けますね!

しかし、この金髪にして色々な苦労があったようで、

「なんだあいつ!?」って近くの学校の不良に絡まれたり、目の前にずっと立たれたりとか。」

とインタビューで話しています。

金髪にして登校することで不良に絡まれてしまうなんて、役作りだから勘弁してよ・・などと三浦さんも思ったでしょうね。

三浦さんは、この作品で第31回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞しています。

三浦さんは、子役から活躍していることもあり好青年のイメージが強いのですが、この作品で不良役を演じたことで、役の幅が広がっていったように思います。

【18歳】映画「ごくせん」

2009年には映画「ごくせん THE MOVIE」に出演を果たします。

「恋空」に引き続きの不良役ですね!

前作の金髪も似合っていましたが、メッシュが入った髪型は似合っていて三浦さんの色気を感じますね。

喧嘩のシーンなどとても迫力があったのが印象的でしたね。

三浦翔平さんとは「ごくせん」を通して仲良くなったのだとか。

三浦翔平さんだけでなく賀来賢人さんなど若手俳優がたくさん出演しているため、切磋琢磨することで俳優として更に磨かれていったのではないかと思います。

三浦春馬を子役時代からライバル視!柳楽優弥が告白!

三浦春馬さんは、2018年の映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」で柳楽優弥さんと共演しています。

柳楽さんも子役時代から芸能界で活動しており、三浦さんとはよくオーディションで一緒になっていました。

その頃のことを柳楽さんは、

「春馬くんは、オーディションをがっつり取っていくんで、子役時代にオーディションであうともうダメだわとみんな思っていました」

と「銀魂」の舞台挨拶で話していました。

そして、なんと2人は高校が同じだったため柳楽さんは勝手に三浦さんをライバル視して全然話さなかったのです。

そのため「銀魂2 掟は破るためにこそある」で共演を果たし、感慨深かったのだとか!

三浦さんは子役の時から優等生タイプだったことが伺えるエピソードですね!

若い頃はライバル視してぎこちない時期があっても、お互いキャリアを重ねて共演できるというのは、2人とも順調にキャリアアップしている証でもあるので、嬉しく思うのではないでしょうか。

まとめ

三浦春馬さんの子役時代の画像の公開と、出演作品をざっと振り返ってみました。

幼少期から朝ドラや大河に出ており、16歳から18歳には「14歳の母」や「恋空」など話題作に出演していました。

映画やドラマなどへの出演を重ねたタイミングで大きな作品へと飛躍していることが現在の三浦さんの活躍につながっているのではないかと思います。

放送中のドラマ「TWO WEEKS」では主演だけでなく主題歌も担当し、CDデビューも果たした三浦さん。

これからも演技だけでなく様々な表現で私たちを魅了してくれると思います!!