宮沢氷魚

宮沢氷魚の身長や体重は!?性格悪いから炎上?

現在上演中の舞台「CITY」に出演中の宮沢氷魚さん。

主演の柳楽優弥さんの協力者となる役を演じ、存在感を発揮しています。

今回はそんな宮沢さんの「身長や体重」について調べていこうと思います。

また、宮沢さんの性格が悪いことが理由で炎上したという噂についても検証していきます!

それ意外にもパッと見カラコンなのかな・・と思うほど「瞳の色がきれい」なことの理由にも迫っていきますのでご期待くださいね!

宮沢氷魚の身長は?

宮沢氷魚さんの身長は「184cm」です。

宮沢さんは、かなり「人見知り」の性格で、学生時代はかなり苦労していたのだとか。

しかし、高校生になると人見知りが劇的に改善

それは、「モテ期が到来」したからなのです。

宮沢さんは、男子校だったにもかかわらず他の高校から「氷魚だよね?」と宮沢さんを誘いにくる女子高生が殺到

誘いに応じたりしているうちに、コミュニケーションが取れたり自分に自信がついて人見知りがなくなりました

以下の項では宮沢さんと共演者との身長を比較して宮沢さんがいかに身長が高いか迫っていきます!

宮沢氷魚と共演者の身長差がすごい

宮沢氷魚さんは2017年のドラマ「コウノドリ」に出演しました。

その時共演者と撮った写真がこちら!

宮沢さんの肩に腕をのっけている松岡茉優さんの身長は160cmなので、なんと「身長差24cm!!」なのですね。

吉田羊さん163cm白石糸さんは158cmなので、宮沢さんは女性陣3人と「20cm以上身長差

があるのですね!!

かなり大きいことがわかります。

宮沢さんは「コウノドリ」でドラマ初出演になりました。

役柄が親も同じ産婦人科医ということで、「二世」、「ジュニア」などと先輩医師から揶揄されているという産婦人科医役でした。

宮沢さん自身、ご両親が芸能人ということもあり「二世としてのプレッシャー」と感じることもあるでしょうね。

しかし、同じメンズノンノのモデルには贅沢な悩みだと思われてしまいそうで、自分で解決するように努めているのですが、抱えきれないような時は弟さんに相談しているのだとか。

自身の感情と重なる役柄と巡り会ったことで、俳優として飛躍するきっかけになったのではないかと思います。

宮沢氷魚と星野源の身長を比較

宮沢氷魚さんと星野源さんとの身長の比較をしてみましょう。

星野源さんの身長は「168cm」です。

2人の身長差はなんと「16cm」のため、上の画像でも星野さんが細身なこともあり女子との構図っぽいですね。

宮沢さんがかなり長身なことがわかります。

ドラマ「コウノドリ」では星野さん演じる四宮に常に怒られている研修医を演じた宮沢さん。

撮影中には、星野さんが

「慣れてきた?現場」

などと話しかけてくれて

「オレ、ずっと吾郎に怒ってばっかりだから、あんまりいいイメージないでしょ」

と宮沢さんを気遣う場面も。

怒るシーンの度に謝ってくれたという優しい星野さんに対して、宮沢さんは申し訳なく思っていました。

初めてのドラマ出演で、星野さんのように周囲に気が遣える俳優さんとの共演をすることは宮沢さんの役者人生にとって貴重な経験になったのではないでしょうか。

宮沢氷魚の体重は?

宮沢氷魚さんの体重は「64kg前後」だと考えられます。

画像を見ると184cmの長身に対してかなり細身ですよね。

2015年のメンズノンノモデルオーディションの合格者になった時の宮沢さんのプロフィールは「体重64kg」でした。

宮沢さんは学生時代に野球部だったのですが、筋トレにはげむ周囲に対して柔軟性やバランスが大事と考えていました。

その当時の体型が気に入っていて、その体型をキープするようにしており体重も5年くらい変化していないとインタビューで話していました。

役作りなどで多少筋肉を付けたり、モデルの仕事で身体を絞ることもあるでしょうが、オーディション時の体重と変わっていない可能性が高いと考えられます。

とはいえ、かなり細身ですね。

宮沢さんは雑誌ではとてもかっこよくスーツなどを着こなしているので、そのためにはかなり細身な体格をキープしなくてはならないのだな・・と驚きました。

宮沢氷魚の目の色は本物?カラコン?

宮沢氷魚さんの目の色はかなり「色素が薄い」ですよね。

母・光岡ディオンさんはアメリカ人と日本人のハーフのため、宮沢氷魚さんも「クォーター」だから目の色が茶色と灰色の間のような色なのかな・・と思いました。

しかし、光岡さんの目の色は結構黒いんですよね。

遺伝とは関係ないのかな・・と思いきや、こんな画像も!

父・宮沢和史さんの目の色が氷魚さんの目の色には大きく影響しているようですね。

また、光岡さんの目の色は黒っぽいとはいえ、「クォーター」ということも氷魚さんの目の色には関係があると思います。

氷魚さんの長身であるのに少し中性的な雰囲気は目の色の柔らかい色合いに起因しているのではないかと思います。

宮沢氷魚の髪の色は地毛なの?

宮沢氷魚さんの髪の色は、「地毛」です。

この画像だとちょっとくすんだ感じの雰囲気のある髪色なので、「アッシュ系のカラーを入れているのかな」と考えてしまいます。

しかし、メンズノンノの自己紹介でも

「クォーターなので髪色は地毛で、実は会話も、英語でするほうが得意」

とコメント。

幼少期の写真ではこんな感じの髪色でした。

今よりもっと金髪っぽいですね。
顔立ちがキリッとしているのに髪の色が明るいのでそのギャップで、宮沢さんのルックスに目が惹かれるのかもしれません。

宮沢氷魚が性格悪い?炎上の理由は?

宮沢氷魚さんは2016年のオールスター感謝祭での出来事で、「炎上」しています。

宮沢さんは運動神経が良いため、赤坂ミニ駅伝に芸能人チームとして出場しました。

2016年にはちょうど青学が箱根駅伝を2連覇したタイミング、芸能人チームは走者が8人に対して青学チームは半分の4人の走者の戦いということもあり、注目のレースになりました。

炎上の理由としては、このシーンが決定的だったのです。

走り終わった宮沢さんがコースアウトしようとした瞬間に、後ろを追走していた青学の選手に「接触」してしまいます。

これが

「わざと青学チームを妨害した」

と受け取られてしまったのです。

宮沢さんの様子をみる限り、後ろを気にするそぶりもなくただ走り終わってホッとしたタイミングでぶつかってしまったのだと思いますので、炎上してしまったのは災難でしたね。

青学は箱根駅伝の覇者として有名で人気もあるので、その辺りも炎上の原因となってしまったのかもしれません。

チームとして一生懸命走っても、ちょっとしたアクシデントで炎上してしまうなんて芸能人は損な役回りだな・・なんて思ってしまいますね。

宮沢氷魚の性格は?

前項の炎上によって宮沢氷魚さんの性格にまで言及されていたようですが、実際の宮沢さんの性格はどうなのでしょうか。

宮沢さんの性格は、「負けず嫌い」です。

メンズノンノのモデル仲間が大きな仕事が決まると、感心すると同時に自分も頑張らないといけないと焦りを感じるという宮沢さん。

悩みもあまり人に話すことはなく、

「自ら考えて答えを出すことを大事にしたい」

と考えているタイプ。

演技などについても自分で悩んで表現したものが、意図したように視聴者に伝わった時には手応えを感じたのだとか。

向上心があるタイプだからこそ、その時々に掴むべきチャンスをものにしてきたのでしょうね。

まとめ

宮沢氷魚さんの身長・体重について調べてみました。

宮沢さんの身長・体重は、「184cm・約64㎏」です。

かなり細身でさすがモデルだな・・と感心しました。

性格が悪いから炎上という疑惑は、

「たまたま青学の選手と接触してしまっただけ」で突発的なものでした。

性格は負けず嫌いで、他のモデル仲間が頑張る姿に発奮したりと常に自分を鼓舞して努力できるタイプ。

とはいえ、ドラマ「コウノドリ」の現場では先輩のメンズノンノモデルである坂口健太郎さんに緊張をほぐしてもらって安心するなど、周りから愛されている宮沢さん。

2019年7月スタートのドラマ「偽装不倫」では杏さん、仲間由紀恵さんらの年上女性キャストに囲まれて、ラブストーリーの相手役を演じます。

持ち前の向上心で、視聴者の女子をドキドキさせるような演技を見せてくれるのではないでしょうか。